Primera Division de Argentina アルゼンチン1部リーグ

ボカの守護神を退場処分にした主審はジャッジの正当性を主張 「誤審とは思っていない」

「ボカvsウニオン」戦を裁いた主審ホルヘ・バリーニョ氏がアルアバレーナ監督の批判を受けて反論
▲ ボカのGKアグスティン・オリオンを退場に処した件について自身のジャッジの正当性を主張したホルヘ・バリーニョ主審
8月2日に行われた「ボカvsウニオン」戦でボカのGKアグスティン・オリオンが退場処分になったのを受けて、試合後にボカのロドルフォ・マルティン・アルアバレーナ監督が一連のジャッジについて記者会見の席で批判した。これを受けて試合を裁いた主審のホルヘ・バリーニョ氏は、自らのジャッジの正当性をアピールする形で反論した。

問題の場面は前半24分。味方のフィードで最終ラインの裏へ抜け出したウニオンのFWルーカス・ガンバが、ペナルティエリアでGKオリオンと交錯。その際、ボールを先に触ったのはルーカス・ガンバのほうで、ボールに触れなかったオリオンの顔面とガンバの右足が衝突し、そしてボールはゴールポストの左へ流れていった。

その数分後、GKオリオンにレッドカードを提示した理由についてバリーニョ氏は、次のような見解を示して誤審でないことを主張した。
「あの場面で先にボールを触ったのはルーカス・ガンバのほうで、オリオンはボールに触れることなく身を投げ出してガンバと交錯した。オリオンの妨害がなければガンバのシュートは決まっていたと判断できるし、レッドカードは妥当だったと確信している。決して誤審だとは思っていない」

バリーニョ氏は「相手の絶好機をファウルで妨害したからレッドカードはやむをえない」との主張を最後まで貫き通した。

2015.08.03

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。