Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

敵地でアトレチコ・ミネイロを叩きのめしたコリンチャンスが優勝にまた一歩近づく

ブラジル全国選手権 第33節 アトレチコ・ミネイロ 0-3 コリンチャンス
▲ 67分に先制のゴールを決めたマウコン(右)はヘナット・アウグスト(8番)と歓喜の抱擁を交わす
10月31日〜11月1日に行われたブラジル全国選手権の第33節。ミナス・ジェライス州の州都ベロ・オリゾンチで行われた「アトレチコ・ミネイロ×コリンチャンス」は、首位独走中のコリンチャンスが後半にゴールを重ねて快勝した。

2位アトレチコ・ミネイロと首位コリンチャンスによる“首位攻防戦”は、立ち上がりから決定機が続出した。アトレチコ・ミネイロは8分にヘスス・ダトロのフリーキックで相手ゴールを脅かすと、その2分後には右サイドのロングスローからギリェルミ・アラーナのヘディングがオウンゴールになりかけるなど、勝利を目指して積極的に攻め込んだ。18分にはドリブルで左サイドを崩したヘスス・ダトロが低めのクロスを上げたが、惜しくもルーカス・プラットの足には合わず、スタンドからは溜息が漏れた。

対するコリンチャンスは21分に左サイドを上がったヘナット・アウグストのスルーパスに反応したマウコンがペナルティエリアまで上がって左足を振り抜いたが、ボールはキーパーの正面に飛んでしまう。そして35分にはマウコンがペナルティエリアの左側をドリブルで崩してシュートに持ち込んだが、ボールはファーサイドへ流れてしまった。

▲ 74分にゴールを決めた元ブラジル代表FWバギネル・ラブ(右)
見どころたっぷりの45分を終えて迎えた後半も、一進一退の攻防は続いた。緊迫して空気が張り詰める中で、先制点を挙げたのはコリンチャンス。67分、ペナルティエリアの右側にこぼれたボールをジャジソンが右足で上げると、マウコンのヘディングシュートがキーパーの手を弾いてゴールに吸い込まれた。

欲しかった先制点を取ったことによって硬さがとれたコリンチャンスは、74分に元ブラジル代表FWバギネル・ラブが右足を振り抜いてゴールネットを揺らすと、その後も攻め続けて主導権を掌握。すると84分にはヘナット・アウグストがエンドライン際から上げたクロスを、ルッカがジャンピングボレーシュートでゴールに叩きつけて勝負を決した。

試合後、マイクを向けられたマウコンは「ジャジソンから素晴らしいクロスをもらった。我々はすでに優勝が決まったなどと浮かれてはいけないが、次戦も勝つために全力を尽くすよ」と述べている。

この結果、首位コリンチャンスと2位アトレチコ・ミネイロとの勝ち点差は11に開いた。早ければ次節にもコリンチャンスの優勝が決まる。

ブラジル全国選手権 2015 第33節 (2015/11/01)
アトレチコ・ミネイロ 0-3 コリンチャンス
ビクトル GK カッシオ
マルコス・ホッシャ
レオナルド・シウバ
エジカルロス
ドウグラス・サントス
DF エジウソン
フェリッピ
ジウ
ギリェルミ・アラーナ
レアンドロ・ドニゼッチ
(ジェルマン・カルデナス)
ハファエウ・カリオカ
ジオバンニ・アウグスト
(チアゴ・ヒベイロ)
ヘスス・ダトロ
MF ハウフィ
ホドリギーニョ
(クリスチャン)
ジャジソン
ヘナット・アウグスト
ルアン
ルーカス・プラット
FW バギネル・ラブ
(アンヘル・ロメーロ)
マウコン
(ルッカ)
ゴール 67 マウコン
74 バギネル・ラブ
84 ルッカ
レアンドロ・ドニゼッチ イエロー
カード
レビル・クウピ 監督 チッチ
主審: エーベル・ホベルト・ロペス
会場: エスタジオ・インデペンデンシア (ベロ・オリゾンチ)
2015.11.01

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。