Campeonato Gaucho カンピオナート・ガウーショ

後手を踏んだインテルナシオナウ ダレッサンドロとニコラス・ロペスの連携で追いつき引き分け

カンピオナート・ガウーショ 2017 決勝 1st.Leg インテルナシオナウ 2-2 ノボ・アンブルゴ
▲ 52分に同点弾を決めたホベルソン
4月30日に行われたカンピオナート・ガウーショの決勝 1st.Leg。州都ポルト・アレグレで行われた「インテルナシオナウ×ノボ・アンブルゴ」は、インテルナシオナウが二度追いついて引き分けに持ち込んだ。

準決勝で強豪グレミオをPK戦の末に競り落として決勝に駒を進めたノボ・アンブルゴは、開始直後から積極的な攻撃で何度もチャンスメイク。拮抗した状況で先制したのはノボ・アンブルゴで、17分にジョアン・パウロがコーナーキックに頭で合わせてのゴールだった。インテリスタ(インテルナシオナウのサポーター)で赤く染まったスタンドの大声援はインテルナシオナウを後押ししたが、前半は何度も訪れたチャンスをゴールに結びつけられなかった。

インテルナシオナウが追いついたのは後半。52分、エデニウソンのスルーパスでペナルティエリアの右側へ上がったホベルソンが、角度のないところから右足を振り抜くと、ゴール前でクリアされたボールがキーパーの背中に当たってゴールに転がった。公式記録はホベルソンのゴールと認定された。

追いついて勢いに乗るインテルナシオナウは、57分に元アルゼンチン代表MFアンドレス・ダレッサンドロが得意の左足でミドルシュートを放つなど、攻勢を強めていく。ところが相手の猛攻をしのいだノボ・アンブルゴは、コーナーキックから生まれたルーズボールをアッシスが頭で押し込み、67分に勝ち越した。

後手を踏んだインテルナシオナウを救ったのは、外国人選手のコンビネーションだった。82分、右サイドをドリブルで前進した元U-20ウルグアイ代表FWニコラス・ロペスが後方のダレッサンドロにボールを下げると、ダレッサンドロは最終ラインの裏へ浮き球のパスを供給。タイミング良く裏へ抜け出したニコラス・ロペスは、左足のアウトサイドキックでゴールに流し込んだ。

試合後にマイクを向けられたダレッサンドロは「悲観する結果ではない。勝ちに等しい」と強気の発言で優勝への意気込みを表現した。

カンピオナート・ガウーショ 2017 決勝 1st.Leg (2017/04/30)
インテルナシオナウ 2-2 ノボ・アンブルゴ
ケウレル
(マルセーロ・ロンバ)
GK マテウス・カビショーリ
ウィリアン
レオ・オルチス
ビクトル・クエスタ
ウエンデウ
DF レオ
ジュリオ・サントス
パブロ
アッシス
アンセウモ
(ホベルソン)
(バウジービア)
ホドリーゴ・ドウラード
エデニウソン
アンドレス・ダレッサンドロ
MF アマラウ
(チアゴ・オッチ)
ヘナン・ヒベイロ
ジャルデウ
ジュニーニョ・シウバ
ニコラス・ロペス
カルロス
FW ブランキーニョ
(ルーカス・サントス)
ジョアン・パウロ
ホベルソン 52
ニコラス・ロペス 82
ゴール 17 ジョアン・パウロ
67 アッシス
ウエンデウ
アンドレス・ダレッサンドロ
イエロー
カード
ブランキーニョ
レオ
アントニオ・カルロス・ザーゴ 監督 ベト・カンポス
主審: アンデルソン・ダロンコ
会場: エスタジオ・ベイラ・リオ (ポルト・アレグレ)
2017.04.30

★リオ・グランジ・ド・スウ州選手権の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。