Copa do Brasil 2017 コパ・ド・ブラジウ 2018

元ベガルタ仙台のチアゴ・ネービスが絶好調 ホームで先勝したクルゼイロは連覇に王手

コパ・ド・ブラジウ 2018 決勝 1st.Leg クルゼイロ 1-0 コリンチャンス
▲ 試合前には花火などの演出が盛大になされたエスタジオ・ド・ミネイロン
10月10日に行われたコパ・ド・ブラジウ 2018 の決勝 1st.Leg。ミナス・ジェライス州の州都ベロ・オリゾンチで行われた「クルゼイロ×コリンチャンス」は、元ブラジル代表MFチアゴ・ネービスのゴールで得たリードを守りきったクルゼイロが先勝した。

優勝チームには2019年のリベルタドーレス出場権が与えられる、国内カップ戦の大一番とあって、試合開始前のミネイロンはピッチサイドやスタジアムの上空で花火が上がるなど、お祭りムードが演出された。

クルゼイロは18分にチアゴ・ネービスがペナルティエリアの外から左足を振り抜くと、キーパーが弾いたボールをホビーニョが右サイドで拾ってクロス。エルナン・バルコスがおとりになってチアゴ・ネービスがヘディングで合わせたが、シュートはわずかに浮いてしまった。チアゴ・ネービスは34分にもペナルティアークの手前から、今度は利き足でない右足でミドルシュートを打つ。ボールはポストを直撃してスタンドのため息を誘ったが、この日のチアゴ・ネービスはゴールを狙う姿勢を前面に出していた。

▲ 前半のアディショナルタイムに先制のゴールを決めて駆け出す元ブラジル代表MFチアゴ・ネービス(右)
クルゼイロは39分、チアゴ・ネービスの間接フリーキックにエンリーキが頭で合わせたが、コリンチャンスの守護神カッシオに両手で弾き返されてしまう。それでも攻め続けたクルゼイロは、前半のアディショナルタイムに先制。左サイドをオーバーラップしたエジージオのクロスにチアゴ・ネービスが頭で合わせると、ボールはエンリーキの下半身に当たってゴールネットを揺らした。

後半も主導権はクルゼイロが掌握し、62分にはホビーニョのアーリークロスを元アルゼンチン代表FWエルナン・バルコスがヘディングシュート。飛び上がらずファーサイドのゴールネットを狙って打ったヘディングシュートだったが、狙いすぎたのかボールは枠を逸れていった。74分にはチアゴ・ネービスの間接フリーキックにデデが頭で合わせたが、またもボールは枠を捕らえられなかった。

コリンチャンスは後半のアディショナルタイムにアラオスが二度目の警告で退場になり、アラオスは 2nd.Leg に出場できなくなった。

2nd.Leg は次週、10月17日にサンパウロで行われる。

コパ・ド・ブラジウ 2018 決勝 1st.Leg (2018/10/10)
クルゼイロ 1-0 コリンチャンス
ファービオ GK カッシオ
エジウソン
デデ
レオ
エジージオ
DF ファギネル
レオ・サントス
エンリーキ
ダニーロ・アベラル
アリエル・カブラル
エンリーキ
ホビーニョ
チアゴ・ネービス
(デイビッジ)
ハフィーニャ
(ハファエウ・ソービス)
MF ガブリエウ
ハウフィ
ジャジソン
(エメルソン)
マテウス・ビタウ
(アラオス)
クレイソン
(ペドリーニョ)
エルナン・バルコス
(ハニエウ)
FW アンヘル・ロメーロ
チアゴ・ネービス 45+1 ゴール
エンリーキ
エジージオ
チアゴ・ネービス
イエロー
カード
レオ・サントス
ジャジソン
アラオス
レッド
カード
アラオス
マノ・メネーゼス 監督 ジャイル・ベントゥーラ
主審: アンデルソン・ダロンコ
会場: エスタジオ・ド・ミネイロン (ベロ・オリゾンチ)
2018.10.10

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。