Friendly Match 親善試合

ハメス・ロドリゲスは1ゴール1アシスト ファン・フェルナンド・キンテーロは2点に絡む活躍

国際親善試合 U.S.A. 2-4 コロンビア
▲ 36分に先制の技ありゴールを得意の左足で決めて、雄叫びを上げるハメス・ロドリゲス
10月11〜13日に行われた国際親善試合。米国のフロリダ州タンパで行われた「U.S.A.×コロンビア」は、コロンビアが逆転勝利を収めた。

アウェイにも関わらず多くのコロンビアサポーターがスタンドを埋めた試合は、序盤から互いにチャンスを作った。先制したのはコロンビアで、36分にハメス・ロドリゲスがペナルティエリアの右側から得意の左足でゴール右隅を狙い、カーブをかけたシュートをファーサイドのゴールネットに突き刺した。直前に巧みなボールコントロールで相手を翻弄する動きもみせた、技ありのゴールでスタンドを湧かせた。

ハメス・ロドリゲスは40分にもペナルティエリアを進んで左足でシュートを打ち、決まらなかったもののチームにリズムをもたらした。

ところが後半になると、ホームの米国が反撃を開始。50分にケリン・アコスタが左からのアーリークロスに右足で合わせて同点とすると、その3分後にはカウンターからティム・ウェアのスルーパスでペナルティエリアに入ったボビー・ウッドが右足でゴールに沈めて、米国は逆転に成功した。

▲ 74分に決勝のゴールを決めたファルカオ
だが米国のリードは長く続かず、56分にファン・フェルナンド・キンテーロのスルーパスで右サイドをオーバーラップしたサンティアゴ・アリアスがボールに追いついて中央に折り返すと、カルロス・バッカが右足で合わせてゴールに流し込み、2-2 とした。

米国はしばしばチャンスメイクしていたが、コロンビアは守備陣が冷静に対応して相手の攻撃を跳ね返していた。すると74分にカウンターを仕掛けたコロンビアは、ファン・フェルナンド・キンテーロのスルーパスをファルカオが右足でゴールに沈めて、再び勝ち越しに成功した。

さらに79分にはハメス・ロドリゲスがペナルティエリアでクロスを上げると、途中出場のミゲル・アンヘル・ボルハが後方へ下がりながらバイシクルシュートをゴールに蹴り込み 4-2 とした。

コロンビア代表は16日に、米国のニュージャージー州ハリソンでコスタリカ代表との親善試合に臨む予定。

国際親善試合 (2018/10/11)
U.S.A. 2-4 コロンビア
ザック・ステファン GK ダビ・オスピーナ
ディアンドリー・イェドリン
マット・ミアーガ
ジョン・ブルックス
アントニー・ロビンソン
(ベン・スウェット)
DF サンティアゴ・アリアス
ダビンソン・サンチェス
ジェイソン・ムリージョ
デイベル・マチャード
マイケル・ブラッドリー
ケリン・アコスタ
ティム・ウェア
(マルコ・デルガード)
ジュリアン・グリーン
(アンドリヤ・ノヴァコヴィッチ)
ケニー・サイエフ
(ファブライス・ピコール)
MF マテウス・ウリーベ
ウィルマール・バリオス
(ファン・ダニエル・ロア)
ハメス・ロドリゲス
(ディディエ・モレーノ)
ファン・ギジェルモ・クアドラード
(ファン・フェルナンド・キンテーロ)
(ジミ・チャラー)
ボビー・ウッド
(ジョシュア・サージェント)
FW ラダメル・ファルカオ・ガルシア
(エドウィン・カルドーナ)
カルロス・バッカ
(ミゲル・アンヘル・ボルハ)
ケリン・アコスタ 50
ボビー・ウッド 53
ゴール 36 ハメス・ロドリゲス
56 カルロス・バッカ
74 ラダメル・ファルカオ・ガルシア
79 ミゲル・アンヘル・ボルハ
ティム・ウェア
アントニー・ロビンソン
イエロー
カード
ウィルマール・バリオス
デイブ・サラチャン 監督 アルトゥーロ・エルネスト・レジェス・モンテーロ
主審: ジョン・ピッティ (パナマ)
会場: レイモンド・ジェイムズ・スタジアム (タンパ)
2018.10.11

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。