CONMEBOL Libertadores コンメボル・リベルタドーレス 2018

「敗退について話すのは難しい」と異口同音のグレミオ勢 2日現在でも敗戦の弁となるかは不明

30日の準決勝で敗退となった前年王者グレミオの選手が応じた試合後インタビュー
▲ 30日の準決勝で試合終了後に審判団へ詰め寄るグレミオの選手たち
2017年のリベルタドーレスを制したグレミオは、連覇を目指したが、2018年はリーベル・プレートとの戦いに勝てずベスト4で散った。大会を去るグレミオの選手らが、敗退決定後にインタビューに応じている。

DFペドロ・ジェロメウ
「この負けでピッチを離れた直後に話すのは難しい。結果が、我々の期待したものでないからだ」

DFブルーノ・コルテス (2015〜2016年にアルビレックス新潟で活躍)
「サポーターは我々を激励してくれたが、結果を出せなかった。残りのシーズンは、ブラジレイロンのために顔を上げて戦い抜きたい」

GKマルセーロ・グローイ
「今、敗退について話すのは難しい。我々は試合を主導できていたし、良い形で先制点も取れた。でも主審があれをPKだと言ったとき、自分たちの戦いは終わったのかもしれない」

2018.10.30

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。