CONMEBOL Libertadores コンメボル・リベルタドーレス 2018

リーベルの立役者 守護神アルマーニはチームを救うファインセーブを連発していた

リーベル・プレートのリベルタドーレス決勝進出に大きく貢献したアルゼンチン代表GKフランコ・アルマーニが披露した複数のファインセーブを振り返る
▲ 89分に1対1でダリオ・ベネデット(18番)のシュートに対して体を張ってゴールを死守したフランコ・アルマーニ(右)
アルゼンチンの名門リーベル・プレートは11日に行われたリベルタドーレスの決勝 1st.Leg を 2-2 で引き分けて、エル・モヌメンタルでの勝利と南米制覇にリーチをかけている。(勝利と南米制覇にリーチをかけているのは、ボカも同じだが)
そんなリーベルにおいて、ひときわ脚光を浴びている選手がいる。アルゼンチン代表GKフランコ・アルマーニだ。アルゼンチンの地元メディアは、アルマーニが絶対的なピンチでみせたファインセーブが、チームを救って決勝へと導いたと評価している。アルマーニが決めた重要なファインセーブを3つ、以下に紹介する。

【ファインセーブその1】 インデペンディエンテ戦 9月19日 準々決勝 1st.Leg
0-0 で迎えた57分の場面。カウンターで味方からパスをもらったマキシミリアーノ・メサがペナルティエリアの左側から中央へボールを折り返し、エマヌエル・ジグリオッティがフリーでシュートを打ったが、リーベルにとって絶体絶命のピンチもアルマーニがボールを両手に当ててゴールを守った。試合は 0-0 で終わり、2nd.Leg でのリーベルの勝利につながった。

【ファインセーブその2】 グレミオ戦 10月30日 準決勝 2nd.Leg
1-0 とグレミオのリードで迎えた66分の場面。カウンターで最終ラインの裏へ抜け出したエベルトンが相手陣内をドリブルで駆け上がってペナルティエリアでキーパーと1対1になったが、エベルトンが左足で蹴ったシュートをアルマーニが身を挺してブロック。このときグレミオに追加点を与えなかったことが、終盤のリーベルの逆転劇と決勝進出につながった。

【ファインセーブその3】 ボカ・ジュニオルス戦 11月11日 決勝 1st.Leg
2-2 で迎えた89分の場面。カルロス・テベスが相手選手を数人引きつけてパスを出して、フリーでペナルティエリアに入ったダリオ・ベネデットが右足でシュートを打った。ここでゴールを許せばリーベルの敗北がほぼ確実となる大ピンチの瞬間だったが、アルマーニは左膝に当ててボールを弾き返し、ベネデットの2点目を阻止した。

リーベルが迎えたピンチで、チームの命運を左右するファインセーブを連発したアルマーニ。24日に行われる決勝 2nd.Leg でも、絶体絶命のピンチが訪れたときには真価を発揮しそうだ。

◆ フランコ・アルマーニ
1986年10月16日生まれ(32歳)
出身:アルゼンチン(カシルダ)
身長:189cm
ポジション:ゴールキーパー
2007年にデビューしたフェロでは出場機会に恵まれなかったが、移籍したデポルティーボ・メルロでの2年目(2009−2010)にレギュラーを獲得。2010年にアトレティコ・ナシオナル(コロンビア)へ渡ると、2011年から正守護神として長く活躍し、2016年にはリベルタドーレス優勝にも貢献した。2018年、W杯ロシア大会に出場することを目標にアルゼンチン代表入りを狙って母国での選手生活を決意し、リーベル・プレートへと移籍した。アルゼンチン代表。

2018.11.13

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。