Liga MX 2019 Clausuraメキシコ1部リーグ 2019 後期

アルゼンチン人DFサンチェスの2ゴールも水の泡 追いつかれたモンテレイは開幕連勝を逃す

リーガ BBVA Bancomer MX (メキシコ1部リーグ) 2019 後期 第2節 モンテレイ 2-2 レオン
▲ ボールを巡って競るホセ・ロドリゲス(左)とジョナタン・ゴンサーレス(右)
1月11〜13日に行われたリーガMX(メキシコ1部リーグ)の2019 後期の第2節。グアダルーペで行われた「モンテレイ×レオン」は、レオンが2点差を追いつき敗北を免れた。

モンテレイは17分にレオネル・バンジオーニがスルーパスに反応して最終ラインの裏を突いたが、背後からフェルナンド・ナバーロによるスライディングでボールを掻き出されたため、バンジオーニはシュートを打てず。その後もモンテレイは優勢を保ったが、前半は無得点に終わった。

後半も自分たちのリズムでチャンスメイクしたモンテレイは、51分にペナルティエリアの左側を上がったアビレス・ウルタードがエンドライン際でクロスを上げると、ボールは元U-17コロンビア代表DFアンドレス・モスケーラの右腕に当たった。モンテレイの選手がハンドを主張しても主審は一旦流したが、VAR(ビデオアシスタントレフェリー)からの連絡を受けて、モスケーラのハンドとモンテレイのPKを指示。そしてこのPKをニコラス・サンチェスが決めて、モンテレイが先制した。

第1節で2ゴールを決めたロヘリオ・フネス・モリは64分に訪れた決定機でヘディングシュートをキーパーの正面に放ってしまったが、71分のセットプレイでニコラス・サンチェスがこの試合2点目のゴールを決めてリードを広げた。

だが、モンテレイは2点のリードを守り切れなかった。73分にショートコーナーからビニシオ・アングーロのシュートが決まって1点差に詰め寄ったレオンは、後半のアディショナルタイムに値千金の同点劇を創造。アーリークロスに合わせたコロンビア代表DFウィリアン・テシージョが頭で落としたところに、アンドレス・モスケーラが飛び込んでヘディングシュート。クロスバーに当たって決まらなかったものの、跳ね返ったボールは倒れ込んだモスケーラの肩か背中に当たって転がり、ゴールラインを割った。元リーベルの守護神マルセーロ・バロベーロは両手を伸ばしてボールをキャッチしたが、バロベーロがボールをつかんだ時点でゴールラインを割っているとジャッジされた。

モンテレイにとっては勝利を取り損ねた結果であり、片やレオンにとっては価値ある勝ち点1となった。

リーガ BBVA Bancomer MX (メキシコ1部リーグ) 2019 後期 第2節 (2019/01/12)
モンテレイ 2-2 レオン
マルセーロ・バロベーロ GK ロドルフォ・コータ
ステファン・メディーナ
セサル・モンテス
ニコラス・サンチェス
レオネル・バンジオーニ
DF フェルナンド・ナバーロ
アンドレス・モスケーラ
ウィリアン・テシージョ
アンヘル・メナ
(ワルテル・ゴンサーレス)
ジョナタン・ゴンサーレス
カルロス・ロドリゲス
ドルラン・パボン
(セルソ・オルティス)
アビレス・ウルタード
(マキシミリアーノ・メサ)
ヘスス・ガジャルド
(アンヘル・サルディバル)
MF ホセ・ロドリゲス
ペドロ・アキーノ
ジャイロ・モレーノ
(ホルヘ・ディアス)
ルイス・モンテス
(ミゲル・エレーラ)
ルーベンス・サンブエーサ
ロヘリオ・フネス・モリ FW ビニシオ・アングーロ
ニコラス・サンチェス 55
ニコラス・サンチェス 71
ゴール 73 ビニシオ・アングーロ
90+4 アンドレス・モスケーラ
ニコラス・サンチェス イエロー
カード
アンドレス・モスケーラ
ウィリアン・テシージョ
ペドロ・アキーノ
ディエゴ・アロンソ 監督 マルコス・アンブリス
主審: フランシスコ・チャコン・グティエレス
会場: エスタディオ・BBVAバンコメール (グアダルーペ)
2019.01.12

★リーガMX (メキシコ1部リーグ) 2020 前期のコンテンツページはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。