Liga MX メキシコ1部リーグ 2019 後期

チリ代表FWエドゥアルド・バルガスの2ゴールなどで快勝したティグレスが優勝に望みをつなぐ

リーガ BBVA Bancomer MX (メキシコ1部リーグ) 2019 後期 第14節 ロボスBUAP 0-3 ティグレスUANL
▲ 48分に先制のゴールを決めたチリ代表FWエドゥアルド・バルガス(右)とアシストしたエクアドル代表FWエネル・バレンシア(左)はハイタッチ
4月12〜14日に行われたリーガMX(メキシコ1部リーグ)の2019 後期の第14節。プエブラで行われた「ロボスBUAP×ティグレスUANL」は、チリ代表FWエドゥアルド・バルガスの2ゴールなどでティグレスが快勝した。

ボールを支配して試合の流れを引き寄せたティグレスは、37分に左サイドでパスを受けたメキシコ代表MFハビエル・アキーノがクロスバーを叩くミドルシュートを打って、スタンドを湧かせた。前半の終了間際にはコーナーキックからチャンスを作ったが、ハーフタイムまでにゴールは生まれなかった。

ティグレスがゴールを重ねたのは後半。まずは48分、エドゥアルド・バルガスがエクアドル代表FWエネル・バレンシアに渡したボールが自分の足元に戻されると、バルガスはペナルティアークで左足を振り抜く。ボールは近くでスライディングした選手の足に当たってコースが変わり、ゴール左隅に吸い込まれた。そして53分には、ワンツーを機に右サイドをオーバーラップしたメキシコ代表DFルイス・ロドリゲスがドリブルでペナルティエリアまでボールを運ぶと、中央に折り返してバルガスのゴールをお膳立てした。

59分にはフィードで最終ラインの裏へ抜け出したエネル・バレンシアが、相手陣内を独走してキーパーをもドリブルで抜こうとしたが失敗。それでも64分にフェリックス・クリスタントが胸でボールをトラップした直後に左足を滑らせると、ハファエウ・ジ・ソウザ、ハビエル・アキーノとつないでエネル・バレンシアの足元にボールが到達。バレンシアは右足でゴールに流し込んで、チームに3点目をもたらした。

この結果、勝ったティグレスUANLは首位レオンとの勝ち点差3を維持して、優勝の可能性を残した。

リーガ BBVA Bancomer MX (メキシコ1部リーグ) 2019 後期 第14節 (2019/04/14)
ロボスBUAP 0-3 ティグレスUANL
ホセ・ロドリゲス GK ナウエル・グスマン
フェリックス・クリスタント
アルド・クルス
ホセ・エスキベル
(オスカル・マシアス)
フランシスコ・ロドリゲス
DF ルイス・ロドリゲス
ウーゴ・アジャラ
フランシスコ・ベネーガス
(ホルヘ・トーレス)
フランシスコ・メサ
ビクトル・ベラスケス
ブライアン・ラベージョ
(エドソン・トーレス)
ミチャエル・チリーノス
アブラアン・ゴンサーレス
MF ハファエウ・ジ・ソウザ
ギド・ピサーロ
ハビエル・アキーノ
ヘスス・ドゥエーニャス
マウロ・ライネス
(ルイス・ダ・シルバ)
レオナルド・ラモス
FW ジュリアン・キニョーネス
(エドゥアルド・バルガス)
エネル・バレンシア
(ルーカス・セララジャン)
 
 
ゴール 48 エドゥアルド・バルガス
53 エドゥアルド・バルガス
64 エネル・バレンシア
イエロー
カード
フランシスコ・ベネーガス
ファン・パレンシア 監督 リカルド・フェレッティ
主審: アドナイ・エスコベード・ゴンサーレス
会場: エスタディオ・ウニベルシターリオ・BUAP (プエブラ)
2019.04.14

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。