Copa America 2019 コパ・アメリカ 2019

日本戦の結果を引きずらない若手のホープ 「引き分けを悲しがる必要はない」

20日の日本戦を終えて20歳のウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデがコメント
▲ 日本戦では72分から出場した20歳のウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデ
20日に行われた「ウルグアイ vs 日本」は 2-2 の引き分け。この結果を受けてウルグアイファンの間では動揺も広がっているが、渦中の代表選手は深刻に受け止めていない。20歳のフェデリコ・バルベルデは、悲観的でないことを強調した。

後半途中から出場したバルベルデは、日本戦でのウルグアイは決して慌てずに戦っていたと説明。そして日本代表については、「アジアの多くの国でみられるサッカーの特徴」と前置きして、「日本のスピーディーな戦い方には驚かなかった。想像通りだった。彼らは非常に速く、スマートで優れたテクニックを持っている。それは前半を観ただけでも明らかだった」と述べた。その上でバルベルデは、日本戦の結果については「悲しがる必要はない」との見解を示した。

一方、同じく後半途中から出場したジョルジアン・デ・アラスカエータは、「日本は難しい相手だと思っていたし、彼らは堅調だった。ゆえに我々は試合中に何度も修正・改善しなければならなかった」と、日本に苦戦したことを認めている。

◆ フェデリコ・バルベルデ

本名:
フェデリコ・サンティアゴ・バルベルデ・ディペッタ
生年月日:
1998年7月22日生まれ(20歳)
出身:
ウルグアイ(首都モンテビデオ)
身長:
182cm
ポジション:
ミッドフィルダー

2008年に9歳で入団したペニャロールの下部組織で、すでに欧州のビッグクラブから注目されていた逸材。2015年にレアル・マドリー(スペイン)への移籍が決まったが、当時は17歳でFIFAの移籍禁止規定に抵触したため、実際に移籍したのは18歳の2016年になった。最初はカスティージャで経験を積み、デポルティーボ・ラ・コルーニャへの移籍を経て、レアル・マドリーのトップチームで公式戦にも出場している。各年代のウルグアイ代表に招集され続けている。

2019.06.20

★コパ・アメリカ 2019 ブラジル大会の順位表や結果などをチェックしたい方はこちら。

★コパ・アメリカ・センテナリオ 2016 U.S.A.大会の順位表や結果などをチェックしたい方はこちら。

★コパ・アメリカ 2015 チリ大会の順位表や結果などをチェックしたい方はこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。