Copa America 2019 コパ・アメリカ 2019

主力に状態不安の選手がいると明かしたチリの指揮官 「ウルグアイは南米で最高のチーム」

チリ代表のレイナルド・ルエーダ監督が語ったエクアドル戦の回顧とウルグアイ代表の印象
▲ エクアドル戦で交代したアルトゥーロ・ビダル(左)を労うレイナルド・ルエーダ監督(右)
グループCで連勝したチリは、すでに準々決勝進出を決めているが、首位通過か2位通過かは第3節の結果次第。引き分け以上なら首位通過だが、ウルグアイに敗れれば2位通過になる。以前、今大会の優勝候補をウルグアイと公言したチリ代表のレイナルド・ルエーダ監督が、現在の心境を語った。

エクアドル戦を 2-1 で勝ってすぐのインタビューで、同監督はエクアドルの印象について触れて、チリの連勝を回顧した。

「ウルグアイに 0-4 で敗れたエクアドル代表は、我々が戦ったときのエクアドルとは違うとわかってたし、難しい試合になると思っていた。我々にとっては前日にウルグアイが勝たなかったことがエクアドル戦を戦いやすくしてくれたね」

「先制してからしばらくは、我々は試合をコントロールしきれず、しばしばエクアドルに攻め込まれた。我々が立て直そうとしていたときに、相手にゴールを許してしまった」

エクアドルは、ルエーダ氏が2010年から2014年の間に代表監督を務めた国で、同氏はエクアドルのサッカーにも精通している。ただ、その頃とは戦術が変わり、別のチームになっているとの印象を抱いたという。

そして同監督は、チリ代表に状態が不安な選手がいることを明かした。

「アルトゥーロ・ビダルはシーズン中の疲れが抜けきっておらず、アレクシス・サンチェスは足を捻挫している。もしこの二人をウルグアイ戦に出せなかったらと考えると、不安は当然ある」

同監督は、今大会の優勝候補と明言したウルグアイ代表について、自分の意見は変わらないとして警戒を強めている。

「ウルグアイは成熟したチームで、“マエストロ”タバーレス監督の手腕によって非常に貴重なプロセスをたどってきた。欧州の第一戦で活躍する選手が何人もいて、ポジション争いも激しく層も厚い。我々にとって難敵であることは間違いないし、ウルグアイは南米で最高のチームだ」
2019.06.22

★コパ・アメリカ 2019 ブラジル大会の順位表や結果などをチェックしたい方はこちら。

★コパ・アメリカ・センテナリオ 2016 U.S.A.大会の順位表や結果などをチェックしたい方はこちら。

★コパ・アメリカ 2015 チリ大会の順位表や結果などをチェックしたい方はこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。