Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

元アルゼンチン代表FWマウロ・ボセーリの投入が的中 バギネル・ラブのゴールで8位に浮上

カンピオナート・ブラジレイロ 2019 第10節 コリンチャンス 1-0 CSA
▲ 77分に先制のゴールを決めた元ブラジル代表FWバギネル・ラブ
7月13〜15日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ 2019 の第10節。サンパウロ州の州都サンパウロで行われた「コリンチャンス×CSA」は、元ブラジル代表FWバギネル・ラブのゴールでコリンチャンスが接戦を制した。

コリンチャンスは立ち上がりからサイドを崩してチャンスを作ると、次第に中央突破やミドルシュートなど攻撃のバリエーションを増やしていった。38分にはカウンターで右サイドを上がったペドリーニョがスライディングで左のスペースへパスを出すと、併走していたバギネル・ラブが右足のチップキックでキーパーを翻弄。あとは無人のゴールへシュートを打つだけだったが、ゴールエリアまでカバーに戻ったアラン・コスタによってクリアされて、コリンチャンスの先制はお預けとなった。

後半、コリンチャンスは52分に攻め込んだ際に、こぼれ球を掴んだGKジョルジに対してエクアドル代表MFジュニオール・ソルノーサが右足で蹴った形になり、ボールを掴んだ後で強引にシュートを打ったジュニオール・ソルノーサに対してGKジョルジが激怒すると、両チームの選手が口論になる一幕もあった。

主導権を握り続けたコリンチャンスは、73分に元アルゼンチン代表FWマウロ・ボセーリを投入すると、この采配がすぐに実を結んだ。77分、ペナルティエリアの手前で前を向いたボセーリが相手の股間を抜くパスを出すと、ペナルティエリアでバギネル・ラブが右足を振り抜いてゴールネットにボールを突き刺した。

コリンチャンスは82分にもセットプレイからゴールネットを揺らしたが、ジウのゴールはオフサイドで無効に。それでもリードを守って勝ったコリンチャンスは、3試合ぶりの勝利で8位に浮上した。

カンピオナート・ブラジレイロ 2019 第10節 (2019/07/14)
コリンチャンス 1-0 CSA
カッシオ GK ジョルジ
ファギネル
マノエウ
ジウ
ダニーロ・アベラル
DF セウジーニョ
(カシアーノ)
アラン・コスタ
ルシアーノ・カスタン
ハフィーニャ
ハウフィ
(ヘージス)
ジュニオール・ウルソ
ペドリーニョ
(マウロ・ボセーリ)
ジュニオール・ソルノーサ
クレイソン
MF ナウド
ニウトン
(ジェアン・クレーベル)
アポジ
ジョナタン・ゴメス
(ビクトル・パライーバ)
バギネル・ラブ
(ガブリエウ)
FW アレキサンドロ
ヒカルド・ブエーノ
バギネル・ラブ 77 ゴール  
ファギネル
ジュニオール・ソルノーサ
イエロー
カード
セウジーニョ
ヒカルド・ブエーノ
アラン・コスタ
カシアーノ
ルシアーノ・カスタン
ファービオ・カリーリ 監督 アルジェウ・フックス
主審: ワギネル・ヘワイ
会場: アレーナ・コリンチャンス (サンパウロ)
2019.07.14

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。