Liga MX メキシコ1部リーグ 2019 前期

途中出場のチリ代表FWバルガスのゴールで追いついたティグレス 攻め込みながら逆転ならず

リーガ BBVA Bancomer MX (メキシコ1部リーグ) 2019 前期 第8節 ティグレスUANL 1-1 レオン
▲ 65分に同点のゴールを決めたチリ代表FWエドゥアルド・バルガス
8月30日〜9月1日に行われたリーガMX(メキシコ1部リーグ)の2019 前期の第8節。モンテレイで行われた「ティグレスUANL×レオン」は、同点で幕を閉じた。

2019後期の決勝と同じ対戦カードであるこの試合は、ティグレスUANLがルイス・キニョーネスのシュートで攻撃の口火を切ると、6分には元フランス代表FWアンドレ=ピエール・ジニャックがペナルティエリアの手前で右足を振り抜いた。一方、序盤のピンチをしのいだレオンは12分、コスタリカ代表FWジョエル・キャンベルがペナルティエリアの右側からボールを折り返すと、二人がスルーしてファーサイドへ流れたところに、中盤から押し上げていたメキシコ代表MFルイス・モンテスが左足を振り抜いてゴールネットを揺らし、先制した。

ティグレスは13分に、ペドロ・アキーノが左サイドからペナルティエリアに侵入して角度のないところで右足を振り抜いたが、枠を捕らえたシュートはキーパーが両手でファーサイドへ弾いた。29分にはジニャックがペナルティエリアの外から左足でゴールを狙ったが、こちらも枠を捕らえながらキーパーによって弾き出された。そして41分にはVARチェックによりPKを得たが、エクアドル代表FWエネル・バレンシアが右足のインステップキックで蹴ったボールは、即座に反応して一旦左膝を落としたGKロドルフォ・コータが、腰を上げて伸ばした右手で外に弾き出した。

ティグレスは後半の開始から、チリ代表FWエドゥアルド・バルガスを投入して臨み、51分にエネル・バレンシアがペナルティエリアでジャイロ・モレーノに足首を蹴られて倒れたが、VARチェックをすると主審は一旦出したPKのジャッジを撤回した。

それでも攻め込む時間を多く保ったティグレスは、64分にルイス・キニョーネスのクロスがペナルティエリアでアンドレス・モスケーラのハンドを誘ってPKを獲得。エドゥアルド・バルガスのPKはキーパーがコースを読んで弾いたが、バルガスはセカンドボールを冷静にヘディングでゴールに押し込んで同点とした。

ティグレスは逆転を目指し、引き続き攻撃的に試合を運んだ。70分にはハファエウ・カリオカがペナルティアーク付近で右足を振り抜いたが、キーパーが両手でパンチング。84分にはジニャックがペナルティエリアでマークを背に右足を振り抜いたが、シュートは相手に当たってゴールには至らなかった。

リーガ BBVA Bancomer MX (メキシコ1部リーグ) 2019 前期 第8節 (2019/08/31)
ティグレスUANL 1-1 レオン
ナウエル・グスマン GK ロドルフォ・コータ
ヘスス・ドゥエーニャス
カルロス・サルセード
ウーゴ・アジャラ
ホルヘ・トーレス
DF フェルナンド・ナバーロ
アンドレス・モスケーラ
ウィリアン・テシージョ
ジャイロ・モレーノ
ハファエウ・カリオカ
ギド・ピサーロ
ルイス・キニョーネス
(ルーカス・セララジャン)
ハビエル・アキーノ
(ユルゲン・ダン)
MF ペドロ・アキーノ
(ホセ・ロドリゲス)
ルイス・モンテス
ジャン・メネーセス
(イスマエル・ソーサ)
アンヘル・メーナ
(ホセ・ゴディーネス)
エネル・バレンシア
(エドゥアルド・バルガス)
アンドレ=ピエール・ジニャック
FW ジョエル・キャンベル
ホセ・マシアス
エドゥアルド・バルガス 65 ゴール 12 ルイス・モンテス
ハファエウ・カリオカ イエロー
カード
ペドロ・アキーノ
フェルナンド・ナバーロ
ウィリアン・テシージョ
リカルド・フェレッティ 監督 イグナシオ・アンブリス
主審: セーサル・アルトゥーロ・ラモス・パラスエロス
会場: エスタディオ・ウニベルシターリオ (モンテレイ)
2019.08.31

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。