Friendly Match 親善試合

マンチェスター・シティ所属のマフレズにしてやられたコロンビア 選手交代の甲斐もなく完敗

国際親善試合 アルジェリア 3-0 コロンビア
▲ ボールを巡って競るファン・ギジェルモ・クアドラード(左)とソフィアン・フェグリ(右)
10月9〜15日に各地で行われた国際親善試合。フランスのヴィルヌーヴ=ダスクで行われた「アルジェリア×コロンビア」は、アルジェリアが快勝した。

コロンビアは3分にロングフィードで前線を上がったアルフレード・モレーロスが、相手のマークから体でボールをキープしながら反転してキーパーと1対1になると、右足でループシュート。だがボールは高く浮いてゴールネットの上を揺らした。対するアルジェリアは13分にセットプレイから波状攻撃を披露すると、リヤド・マフレズからのパスをペナルティアーク付近でで受けたバグダード・ブーンジャーがすぐに右足を振り抜くと、ボールはキーパーの届かないところを通ってゴール右隅に突き刺さって先制した。

20分にはショートコーナーからイスマエル・ベナセルがペナルティアークの手前にボールを下げると、リヤド・マフレズが左足を振り抜いてゴールネットを揺らし 2-0 とした。

コロンビアは34分に右サイドからのクロスをルイス・フェルナンド・ムリエルがヘディングで叩きつけたが、キーパーにキャッチされる。続けてその40秒後にはアルフレード・モレーロスがペナルティアークの手前から右足を振り抜いたが、鋭いシュートはキーパーが身を挺して弾き返した。

前半の内容が悪かったコロンビアは、後半の開始からロヘル・マルティネス、ルイス・ディアス、ルイス・シニステーラを投入。しかし試合の流れは変わらず、対照的にアルジェリアは右サイドからペナルティアークまでカットインしたリヤド・マフレズが左足でゴール右隅にシュートを決めて、3-0 とした。

コロンビアは85分にコーナーキックのこぼれ球をジェフェルソン・レルマが右足で叩いたが、シュートはキーパーの手をかすめてクロスバーの上を通過。コロンビアは最後までゴールを奪えず。マンチェスター・シティに所属するリヤド・マフレズに2ゴール1アシストの活躍を許す結果になってしまった。

国際親善試合 (2019/10/15)
アルジェリア 3-0 コロンビア
ライス・エンボリ GK ダビ・オスピーナ
ユーセフ・アタル
アイサ・マンディ
ジャメレディン・ベンラムリ
ラミ・ベンセバイニ
(アユーブ・アブデラウイ)
DF ルイス・マヌエル・オレフエーラ
ダビンソン・サンチェス
オスカル・ムリージョ
ホアン・モヒーカ
アドレーヌ・グェディウラ
イスマエル・ベナセル
リヤド・マフレズ
(メフディ・アベイド)
ソフィアン・フェグリ
ユセフ・ベライリ
(ヤシン・ブラヒミ)
MF ジェフェルソン・レルマ
マテウス・ウリーベ
(ウィルマール・バリオス)
ジャイロ・モレーノ
(ルイス・シニステーラ)
バグダード・ブーンジャー
(イスラム・スリマニ)
FW ファン・ギジェルモ・クアドラード
(ルイス・ディアス)
アルフレード・モレーロス
(アンドレス・イバルグエン)
ルイス・フェルナンド・ムリエル
(ロヘル・マルティネス)
バグダード・ブーンジャー 15
リヤド・マフレズ 20
リヤド・マフレズ 65
ゴール
ジャメレディン・ベンラムリ イエロー
カード
ダビンソン・サンチェス
ジェフェルソン・レルマ
ジャメル・ベルマディ 監督 カルロス・ケイロス
主審: ルディ・ブーケ (フランス)
会場: スタッド・ピエール=モーロワ (ヴィルヌーヴ=ダスク)
2019.10.15

★コンメボル・スダメリカーナ 2019 の試合結果などはこちら。

★コンメボル・スダメリカーナ 2018 の試合結果などはこちら。

★コンメボル・スダメリカーナ 2017 の試合結果などはこちら。

★コパ・スダメリカーナ 2016 の試合結果などはこちら。

★コパ・スダメリカーナ 2015 の試合結果などはこちら。

★コパ・スダメリカーナ 2014 の試合結果などはこちら。

★コパ・スダメリカーナ 2013 の試合結果などはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。