CONMEBOL Libertadores コンメボル・リベルタドーレス 2019

決勝には進むも負け試合の採点は厳しく 守護神アルマーニとピノーラに高評価 攻撃陣は低評価

TyC Sports のファン・コルテーセ記者が発表したリーベル・プレート出場選手の採点と評価
▲ 0-1 で敗れたが、決勝進出が決まって歓喜の輪を形成するリーベルの選手たち
10月22日にアルゼンチンの首都ブエノスアイレスで行われたコンメボル・リベルタドーレスの準決勝 2nd.Leg、スーペルクラシコ「ボカ・ジュニオルス×リーベル・プレート」は、ボカが勝ったが、リーベルが2試合合計スコアで上回って決勝に駒を進めることとなった。

22日の試合で負けたリーベル・プレートの出場選手について、TyC Sports のファン・コルテーセ記者が発表した採点と評価は、下記の通り。(採点は、選手名の後に表記)

GK フランコ・アルマーニ 7
エンソ・ペレスのオウンゴールになりかねないボールを外へ弾き出したとっさの判断・反応は印象的だった。全体的に安定していた。

DF ゴンサーロ・モンティエル 5
ボカのサイド攻撃に対応すべく守備に多くの時間を割いて、攻撃参加は少なかった。

DF ルーカス・マルティネス 5
やや安定感を欠いたが、ピンチでの献身的な守備は好印象。

DF ハビエル・ピノーラ 7
ガジャルド監督の期待に応える忠実な守備が冴えていた。“ワンチョペ”(ラモン・アビラ)に仕事をさせなかった。

DF ミルトン・カスコ 6
左サイドで効いていたが、戦術の都合でベンチに下がらざるをえなかった。

MF ニコラス・デ・ラ・クルス 6
ベストではなかったが、常にチャレンジしていてチームメイトとの連携も協力的だった。

MF イグナシオ・フェルナンデス 4
非常に低レベルで、ミスも多かった。

MF エンソ・ペレス 5
守備では相応のレベルを保っていたが、パスの明確さや正確性は欠いていた印象。

MF エセキエル・パラシオス 4
パフォーマンスが悪く、チームメイトも彼をサポートしきれていなかった。

FW ラファエル・サントス・ボレー 4
前線で精彩を欠いた。ボールを奪われても真面目に取り返そうとする姿勢は評価できるが、攻撃に重厚感はなかった。

FW マティアス・スアーレス 5
攻撃の時間が短かったこともあり、彼の良さは出ていなかった。

DF パウロ・ディアス 5
状態は良さそうだったが、ボカの攻撃にはそれなりに対応していた印象。

FW ルーカス・プラット 4
試合に入り込めておらず、カウンターの場面でもシュートかクロスかわかりづらい不明瞭なキックもあった。

FW イグナシオ・スコッコ -
(出場時間が短いため、採点なし)

2019.10.22

★コンメボル・リベルタドーレス2019のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。