CONMEBOL Libertadores 2019コンメボル・リベルタドーレス 2019

ブラジルの有名なキャスターがリマで心臓発作を起こして入院 容態は安定も担当者変更へ

ブラジルの有名なスポーツキャスターであるガウバン・ブエーノ氏がペルーの首都リマで心臓発作を起こして緊急入院
▲ ブラジルで有名なスポーツキャスターとして知られるガウバン・ブエーノ氏
フラメンゴの決勝進出に伴い、23日のリベルタドーレス決勝に備えてペルーの首都リマに移動したブラジルの有名なスポーツキャスターであるガウバン・ブエーノ氏が、心臓発作を起こしてリマの病院に緊急搬送されていたことがわかった。カテーテルによる治療が施されて、容態は安定しているという。

69歳のガウバン・ブエーノ氏は、リベルタドーレスの決勝をブラジルに生中継するためにリマを訪れていて、現地で合宿中のフラメンゴを取材するなど精力的に従事していた。当日は血漿のナレーションを務めることにもなっていたが、体調悪化による入院が判明した結果、ガウバン・ブエーノ氏の緊急降板が決定。代役はルイス・ホベルト氏が務めると、Rede Globo が発表した。

挙がっている報告によれば、ガウバン・ブエーノ氏は21日に突然気分が悪くなり、リマ市内の病院に搬送されカテーテル治療を施された。病院はまだ正式な報告書を出していないが、同氏の妻と Globoesporte のディレクターによる会話によると、主な動脈に閉塞は確認されず、本人は元気で意識もしっかりしているという。ICU(集中治療室)で24〜48時間の経過観察を経て、容態が安定していれば早期退院もあるとのこと。
2019.11.21

★コンメボル・リベルタドーレス2020のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2019のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。