Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

逆転優勝を目指したパウメイラスに引導を渡したのはグレミオ フラメンゴの優勝が決まる

カンピオナート・ブラジレイロ 2019 第34節 パウメイラス 1-2 グレミオ
▲ 68分に先制のPKを決めたブラジル代表FWエベルトン
11月23〜25日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ 2019 の第34節。サンパウロ州の州都サンパウロで行われた「パウメイラス×グレミオ」は、終了直前にグレミオが勝ち越しに成功。そしてパウメイラスの敗北を以て、首位フラメンゴの10年ぶり6度目の優勝が決まった。

3分にコロンビア代表FWミゲル・アンヘル・ボルハのボレーシュートで攻撃の口火を切ったパウメイラスは、その後も攻撃の時間を長く保って何度も相手ゴールに襲いかかった。だがグレミオの守備は堅く、43分にドゥドゥが右サイドから上げたグラウンダーのクロスは、ゴールエリアへ滑り込んだゼ・ハファエウの足元には合わずファーサイドへ流れた。

前半は守勢を強いられたグレミオは、後半に入ると盛り返して60分あたりからフィニッシュの数を増やしていった。66分にはマイコンが右足でロングシュートを打つと、その直後にブラジル代表FWエベルトンがペナルティエリアで切り返した際にパラグアイ代表DFグスターボ・ゴメスの足に掛かって転倒。このファウルで得たPKをエベルトンが自ら決めて、グレミオが先制した。

引き分け以下だと優勝の可能性がゼロになるパウメイラスは、80分にペナルティエリアでドゥドゥが背後からブルーノ・コルテスのチャージを受けて倒れると、主審はパウメイラスにPKを与えた。このPKをブルーノ・エンリーキが決めて、スコアはタイに戻った。

追加点を奪ったのはグレミオで、後半のアディショナルタイムにアリソンからのパスをペナルティエリアの左側で受けた途中出場のぺぺが、距離を詰めてきたキーパーの裏を突くループシュートを決めて、グレミオに勝ち点3をもたらした。

この結果、敗れたパウメイラスは3位に転落した上に逆転優勝の可能性が消滅。フラメンゴのブラジレイロン優勝が確定した。

カンピオナート・ブラジレイロ 2019 第34節 (2019/11/24)
パウメイラス 1-2 グレミオ
ウェベルトン GK パウロ・ビクトル
マルコス・ホッシャ
グスターボ・ゴメス
(ハミーリス)
ビットル・ウーゴ
ジオゴ・バルボーザ
DF レオナルド・モウラ
ペドロ・ジェロメウ
ワルテル・カンネマン
ブルーノ・コルテス
チアゴ・サントス
ブルーノ・エンリーキ
ドゥドゥ
ルーカス・リーマ
ゼ・ハファエウ
(ウィリアン)
MF マイコン
(ミシェウ)
マテウス・エンリーキ
アリソン
ミゲル・アンヘル・ボルハ
(ルイス・アドリアーノ)
FW ルシアーノ
(ペペ)
ジエゴ・タルデッリ
(パトリッキ)
エベルトン
(PK) ブルーノ・エンリーキ 82 ゴール 68 エベルトン (PK)
90+3 ペペ
ドゥドゥ
チアゴ・サントス
イエロー
カード
マテウス・エンリーキ
ジエゴ・タルデッリ
ペペ
マノ・メネーゼス 監督 ヘナット・ガウーショ
主審: 
会場: アレーナ・パウメイラス (サンパウロ)
2019.11.24

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。