Liga Aguila リーガ・アギラ (リーガ・アギラ)

前半に2点をリードしたアメリカ・デ・カリが11年ぶりの国内タイトル獲得 2020年はリベルタドーレスへ

リーガ・アギラ 2019 後期 決勝 2nd.Leg アメリカ・デ・カリ 2-0 アトレティコ・ジュニオール
▲ 34分にゴールを決めたカルロス・シエーラに飛びついて喜ぶアメリカ・デ・カリの選手たち
12月7日に行われたリーガ・アギラ 2019 後期 の決勝 2nd.Leg。カリで行われた「アメリカ・デ・カリ×アトレティコ・ジュニオール」は、アメリカ・デ・カリが勝利を収めて優勝した。アメリカ・デ・カリの国内タイトル獲得は、2008年後期以来11年ぶり。

1st.Leg を 0-0 で終えていた両者の頂上決戦は、ホームのアメリカ・デ・カリが19分に先制。左サイドの高い位置でボールをもらったドゥバン・ベルガーラがペナルティエリアに入る手前でクロスを上げると、ミチャエル・ランヘルが頭で合わせてクロスバーを直撃したボールがキーパーの背中に当たってゴールラインを割った。公式記録はオウンゴールになったが、ゴールを誘発したミチャエル・ランヘルは駆け出し、ランヘルを中心に歓喜の輪ができあがった。

続けて34分には、左サイドでボールを受けたドゥバン・ベルガーラが前方へスルーパスを出すと、左サイドをオーバーラップしていたエドウィン・ベラスコがドリブルでペナルティエリアのエンドライン際を突き進み、ゴールエリアにグラウンダーのクロスを供給。カルロス・シエーラが右足で合わせてゴールネットを揺らし、アメリカ・デ・カリはリードを2点に広げた。

前期リーグを優勝しているアトレティコ・ジュニオールは、攻め込んでも相手の堅い守備を崩しきれず。80分にはマルロン・ピエドライータが二度目の警告で退場になり、試合の流れを引き寄せられなかった。

この優勝により、アメリカ・デ・カリは2020年のリベルタドーレス出場権を獲得した。アトレティコ・ジュニオールは前期の優勝ですでにリベルタドーレス出場権を得ている。

リーガ・アギラ 2019 後期 決勝 2nd.Leg (2019/12/07)
アメリカ・デ・カリ 2-0 アトレティコ・ジュニオール
ネト・ボウピ GK セバスティアン・ビエーラ
ダニエル・キニョーネス
(ファン・パブロ・スルアーガ)
マルロン・トーレス
ファン・パブロ・セゴビア
エドウィン・ベラスコ
DF ダビ・ムリージョ
(ヘルマン・グティエレス)
ヘルマン・メラ
ラファエル・ペレス
マルロン・ピエドライータ
ラファエル・カラカル
(ペドロ・フランコ)
カルロス・シエーラ
ルイス・アレハンドロ・パス
MF ビクトル・カンティージョ
ダニエル・モレーノ
(ルイス・サンドバル)
レオナルド・ピコ
テオフィロ・グティエレス
ハメス・サンチェス
ドゥバン・ベルガーラ
ミチャエル・ランヘル
マティアス・ピサーノ
(ジェスス・カブレーラ)
FW エドウィン・セトレー
(ルイス・ゴンサーレス)
(オウンゴール) セバスティアン・ビエーラ 19
カルロス・シエーラ 34
ゴール
ミチャエル・ランヘル
ドゥバン・ベルガーラ
イエロー
カード
マルロン・ピエドライータ
ルイス・サンドバル
ビクトル・カンティージョ
ラファエル・ペレス
レッド
カード
マルロン・ピエドライータ
アレシャンドレ・ギマリャイス 監督 フリオ・コメサーニャ
主審: ウィルマール・ロルダン
会場: エスタディオ・パスクアル・ゲレーロ (カリ)
2019.12.07

★コロンビア1部リーグ2014前期の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。