Campeonato Brasileiro Serie A 2019ブラジル全国選手権 1部 2019

フレッジのキャリアにのしかかる二つ目の不名誉 ミネイロンの惨劇に続いてクルゼイロの初降格

元ブラジル代表FWフレッジに降りかかった不名誉の珍記録
▲ ミネイロンで不名誉な記録を複数持ってしまった36歳の元ブラジル代表FWフレッジ
36歳の元ブラジル代表FWフレッジは、自身のキャリアにおいて不名誉な記録をまたも樹立してしまった。今回の事実は、2014年のワールドカップでドイツ代表相手に 1-7 で大敗した「ミネイロンの惨劇」以来で、奇しくも舞台は同じミネイロン。

かつてはリヨン(フランス)などでもゴールハンターとして長く活躍したフレッジは、自国開催となった2014年のワールドカップで準決勝まで勝ち進んだものの、ドイツに7失点を喫する無残な結果を残した。試合中には、途中でベンチに下がったフレッジがスクリーンに映し出されただけで、スタンドのブラジル国民から容赦ないブーイングが浴びせられるなど、このときはブラジル代表だけでなくフレッジにとっても屈辱的な日になった。

ブラジルのサッカー史上最悪の恥とまで例えられた「ミネイロンの惨劇」から約5年半。ミネイロンのピッチでなく、ベンチにフレッジはいた。クルゼイロが降格か否かの運命を決する一戦に、フレッジは出場機会を与えられていなかった。

フレッジが出ていないクルゼイロは、覇気もなく 0-2 でパウメイラスに敗れた。完敗の内容だった。そして、フレッジにとっては「ミネイロンの惨劇」に次ぐ、屈辱的な現実が自身のキャリアに刻まれることとなった。

フレッジはかつて欧州に渡る前にクルゼイロでゴールを量産したが、2018年に復帰してからは2年間で25ゴール。州選手権でこそ数字を残したが、ブラジレイロンでは2年間で8ゴールと、かつての輝きを失っている印象だ。年齢を踏まえればピークを過ぎている以上、致し方ないことではあるが…

かくして、5年前の「ミネイロンの惨劇」に続き、名門クルゼイロの降格をもミネイロンで経験してしまったフレッジ。本人に引退の意向はないが、クルゼイロとの契約は不透明になっている。

◆ フレッジ

本名:
フレデリコ・シャビス・ゲージス
生年月日:
1983年10月3日生まれ(36歳)
出身:
ブラジル(ミナス・ジェライス州テオフィロ・オトーニ)
身長:
185cm
ポジション:
フォワード

2003年にアメリカ・ミネイロの下部組織からトップチームに昇格すると、すぐにゴールを量産して2004年にはクルゼイロへステップアップ。そして2005年からは4年間リヨン(フランス)でゴールを量産すると、2009年からはフルミネンセに移籍して8年間で172ゴールを叩き出した。アトレチコ・ミネイロでも活躍して、2018年からは古巣クルゼイロに戻っている。2014年のワールドカップでドイツ戦での大敗(ミネイロンの惨劇)の主犯格としてやり玉に挙げられ、その年を最後にブラジル代表を引退した。

2019.12.11

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。