Campeonato Carioca カンピオナート・カリオカ

ジエゴとガブリエウ・バルボーザのゴールで逆転したフラメンゴが2年ぶりのグアナバーラ杯優勝

カンピオナート・カリオカ 2020 グアナバーラ杯 決勝 ボアビスタ 1-2 フラメンゴ
▲ 43分に同点のゴールを決めたブラジル代表MFジエゴはスタンドの歓声を浴びるポーズをとりながらコーナーフラッグ付近へと駆け出す
2月22日に行われたカンピオナート・カリオカのグアナバーラ杯決勝。リオ・デ・ジャネイロ州の州都リオ・デ・ジャネイロで行われた「ボアビスタ×フラメンゴ」は、“ガビゴウ”ことブラジル代表FWガブリエウ・バルボーザのゴールで逆転したフラメンゴがグアナバーラ杯優勝を果たした。

先制したのはボアビスタで、4分に右サイドのペナルティエリア付近からジェアンが放った直接フリーキックが、ゴールネットに突き刺さった。

フラメンゴは23分にペドロが右からのクロスに頭で合わせたが、ボールは枠を捕らえられず。35分にはコーナーキックのこぼれ球をミシャエウがボレーシュートでゴールを狙ったが、相手に当たってゴールへ入りかけたボールは寸前でキーパーに押し出されてしまう。それでも43分、ビチーニョがコーナーキックをペナルティエリアへ蹴らず、中盤でフリーになっている元ブラジル代表MFジエゴに渡すと、ゴールまで約25mの距離で右足を振り抜いたシュートは相手に当たってループシュートのように弧を描き、ゴールに吸い込まれた。

▲ 79分に逆転の決勝ゴールを決めた“ガビゴウ”ことブラジル代表FWガブリエウ・バルボーザは一旦脱いだユニフォームを着直してスタンドの歓声に応える
後半、フラメンゴは53分にビチーニョがクロスに頭で合わせたが、叩きつけたヘディングシュートはキーパーのファインセーブに遭う。それでもボール支配率を高めて試合の流れを引き寄せると、79分に逆転。中盤に下がってボールを受けたガブリエウ・バルボーザが前を向いてエベルトン・ヒベイロへパスを出すと、ペナルティアークに達したエベルトン・ヒベイロは左へ流れながら中央にパス。ペナルティエリアでペドロが右足のヒールキックで流すと、そこに駆け込んだガブリエウ・バルボーザが得意の左足でゴールに沈めた。

フラメンゴのグアナバーラ杯優勝は、2018年以来2年ぶり。

カンピオナート・カリオカ 2020 グアナバーラ杯 決勝 (2020/02/22)
ボアビスタ 1-2 フラメンゴ
クレーベル GK セーザル
ウェウリントン・シウバ
ドウグラス・ペドローゾ
エリベウトン
ジェアン
DF ジョアン・ルーカス
グスターボ・エンリーキ
レオ・ペレイラ
ヘネ
フェルナンド・ボビ
エリッキ・フローレス
ジェフェルソン・ヘナン
ミシェウ
(チアゴ・モスキート)
タルター
(ビットル・ファイスカ)
MF チアゴ・マイア
(ウィリアン・アロン)
ジエゴ
(エベルトン・ヒベイロ)
ミシャエウ
ビチーニョ
(ジェルソン)
カイオ・ダンタス FW ガブリエウ・バルボーザ
ペドロ
ジェアン 04 ゴール 43 ジエゴ
79 ガブリエウ・バルボーザ
ジェアン
ウェウリントン・シウバ
エリッキ・フローレス
ビットル・ファイスカ
イエロー
カード
グスターボ・エンリーキ
レオ・ペレイラ
ガブリエウ・バルボーザ
ジェルソン
パウロ・ボナミーゴ 監督 ジョルジ・ジェズス
主審: ワギネル・ド・ナシメント・マガリャイス
会場: エスタジオ・ド・マラカナン (リオ・デ・ジャネイロ)
2020.02.22

★リオ・デ・ジャネイロ州選手権の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。