CONMEBOL Libertadores 2020コンメボル・リベルタドーレス 2020

2018年の暴動に対するペナルティで無観客試合に 静かな90分はサントスが制して連勝スタート

コンメボル・リベルタドーレス 2020 グループリーグ 第2節 サントス 1-0 デルフィンSC
▲ 30分にゴールを決めたルーカス・ベリッシモは両膝をついて両手の人差し指を天にかざす
3月10〜12日に各地で行われたコンメボル・リベルタドーレスのグループリーグ第2節。ブラジルのサントスで行われた「サントス×デルフィンSC」は、サントスが接戦を制した。

遡ること1年半前。2018年のリベルタドーレスのインデペンディエンテ戦でCONMEBOL(南米サッカー連盟)からの懲罰に憤慨したサンチスタ(サントスのサポーター)が、パカエンブーのスタンドで破壊行動を起こすなど暴徒化。この事件によるペナルティが適用されたため、この日の一戦はビラ・ベウミーロでの無観客試合となった。

ボールを蹴る音や選手の掛け声、監督の叫び声が鮮明に聞こえる中で、サントスは序盤からボールを支配して攻め込んでいく。すると29分、元ウルグアイ代表MFカルロス・サンチェスの間接フリーキックを、ルーカス・ベリッシモがヘディングでゴールに押し込んで、サントスが先制した。

36分にジエゴ・ピトゥーカのシュートで追加点を狙ったサントスは、39分にはカルロス・サンチェスが右足でミドルシュートを打ってリズムを作った。

後半、デルフィンSCは56分にジェオバニー・ナサレーノが左サイドから上げた低いクロスにディエゴ・アラニスが左足のハーフボレーで合わせるも、低く抑えたシュートは枠を捕らえられず。アラニスは66分にもペナルティアークの手前からシュートを打ったが、今度はキーパーにキャッチされた。

終盤はサントスが攻め込み、74分にはショートコーナーからカルロス・サンチェスが右足で打ったミドルシュートが枠を捕らえるも、ファーサイドのゴールネットに突き刺さりそうになったボールはキーパーのファインセーブに遭った。

サントスは、連勝でグループGの首位を快走。敗れたデルフィンSCは、グループの最下位に転落する可能性もある。

コンメボル・リベルタドーレス 2020 グループリーグ 第2節 (2020/03/10)
サントス
(ブラジル)
1-0 デルフィンSC
(エクアドル)
エベルソン GK アライン・バローハ
パラ
ルーカス・ベリッシモ
ルアン・ペレス
フェリッピ・ジョナタン
DF ジョナタン・ゴンサーレス
ルイス・カンガー
アグスティン・アレ
ジェオバニー・ナサレーノ
ジョビソン
ジエゴ・ピトゥーカ
カルロス・サンチェス
(エバンドロ)
MF リチャール・カルデロン
(オスカル・ベニーテス)
ダビ・ノボア
ファン・ディエゴ・ロハス
(ジョン・シフエンテ)
ディエゴ・アラニス
ジャネル・コローソ
(ホセ・アドルフォ・バレンシア)
カイオ・ジョルジ
(ユリ・アウベルト)
エドゥアルド・サッシャ
(アルトゥール・ゴメス)
ジェフェルソン・ソテルド
FW カルロス・ガルセス
ルーカス・ベリッシモ 29 ゴール  
ルアン・ペレス
ジョビソン
ルーカス・ベリッシモ
フェリッピ・ジョナタン
イエロー
カード
ルイス・カンガー
リチャール・カルデロン
ディエゴ・アラニス
ジェズアウド・フェヘイラ 監督 カルロス・ルイス・イスチア
主審: ケビン・オルテガ (ペルー)
会場: エスタジオ・ビラ・ベウミーロ (サントス)
2020.03.10

★コンメボル・リベルタドーレス2020のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2019のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。