Copa de la Superliga Argentina 2020コパ・デ・ラ・スーペルリーガ 2020

マラドーナ監督が自宅隔離に 不整脈による心臓の手術と高血圧の持病のため主治医も常駐

新型コロナウイルス対策を講じているヒムナシア・ラ・プラタのディエゴ・マラドーナ監督の現在
▲ 3月7日に行われたスーペルリーガの最終節で、自身もかつての古巣であるボカ・ジュニオルスの本拠地ラ・ボンボネーラに登場したディエゴ・マラドーナ監督
南米大陸でも感染拡大が続く新型コロナウイルスを受けて、コパ・デ・ラ・スーペルリーガを中断中のアルゼンチン。ヒムナシア・ラ・プラタのディエゴ・マラドーナ監督は現在、ベラ・ビスタの自宅で静かに過ごしている。そこには、家族だけでなく専門の医療チームも同居している。同監督を新型コロナウイルスから守るための措置だ。

現在59歳のマラドーナ監督は、2000年1月にウルグアイで心筋虚血と不整脈を患って手術を受けていて、術後の後遺症として高血圧の持病がある。新型コロナウイルスに感染して重症化する場合の特徴として、高齢や持病の有無が指摘されていることから、同監督は主治医のレオポルド・ルケ氏による指示で、自宅隔離(静養)に徹している。なお、これは予防策であり、同監督は25日現在で新型コロナウイルスには感染していない。

マラドーナ監督は、中断している国内カップ戦が再開することを望んでいるが、あくまで選手やスタッフなどすべての関係者が感染するリスクを最小限に抑えることを前提としている。しかし、南米サッカー全体が4月に再開される見込みは低く、AFA(アルゼンチンサッカー協会)がどのような決定を下すかを、同監督は静かに見守っているという。

マラドーナ監督は先日、自身の Instagram で「我々は接触を避けて分離する必要があるが、これまで以上に団結している」と投稿して、700以上の「いいね!」が付いている。
2020.03.25

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。