Football Newsその他のニュース

元リーベル・プレートのペッセーラがCOVID-19から回復 7日には筋トレの様子を動画で公開

アルゼンチン代表DFヘルマン・ペッセーラがCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)からの回復を報告
▲ COVID-19の陽性反応から3週間後に回復したアルゼンチン代表DFヘルマン・ペッセーラ
COVID-19(新型コロナウイルス感染症)のパンデミックにより、スポーツ界は麻痺状態に陥っている。とりわけ感染拡大が著しい国のひとつであるイタリアでは、言わずもがなセリエAを筆頭にすべての公式戦が中断・延期となっており、そんな最中の3月14日に、アルゼンチン代表DFヘルマン・ペッセーラにCOVID-19の陽性反応が確認された。

それから3週間が経った4月5日、ペッセーラがCOVID-19のPCR検査で陰性になったことが確認されて、同選手はInstagramで回復の報告をした。同じく感染したU-21セルビア代表FWドゥシャン・ヴラホヴィッチとイタリア代表FWパトリック・クルトーネも陰性の検査結果が出たとも添えていて、。その投稿には、4万近い「いいね!」が付いた。

同時にフィオレンティーナは公式声明を出して、前述の3選手がCOVID-19から回復したことを報告。治療に尽力してくれた病院と医療関係者への感謝を示した。そして、基金に76万ユーロ(日本円で約9千万円)の募金が集まったおかげで、COVID-19の治療に必要な資材などを購入することができたと、募金に協力してくれた全員への感謝も示した。

元気になったペッセーラは、7日にもInstagramを更新して。そこでは自宅で筋トレに励む様子を映した動画も載せていて、復活をファンにアピールしている。

◆ ヘルマン・ペッセーラ

本名:
ヘルマン・アレーホ・ペッセーラ
生年月日:
1991年6月27日生まれ(28歳)
出身:
アルゼンチン(バイア・ブランカ)
身長:
190cm
ポジション:
センターバック

8歳でオリンポの下部組織に加入して、2005年には14歳でリーベル・プレートの下部組織に移籍。2011年にトップチームに昇格すると、1年目こそ出場機会は少なかったが、シーズンごとに出場機会を増やしていった。2015年にベティス(スペイン)に渡って活躍。2017年からはフィオレンティーナ(イタリア)に活躍の場を移している。アルゼンチン代表。

2020.04.06

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。