Liga Betplay Dimayor - Torneo Apertura 2020コロンビア1部リーグ 2020 前期

ドゥケ大統領が悲観的な声明 コロンビアサッカー界の復活は2021年9月以降か?

コロンビアのイバン・ドゥケ大統領が今年のスポーツ運営について悲観的な声明を出す
▲ コロンビア国民に向けて声明を出したイバン・ドゥケ大統領
COVID-19(新型コロナウイルス感染症)のパンデミックが世界的な脅威となっている非常事態は、南米各国にも深刻な危機をもたらしている。コロンビアでは24日、イバン・ドゥケ大統領が今後の国内経済に関する声明を出した。

コロンビアでは現在、COVID-19の感染拡大を防止すべく必死に取り組んでいるが、その反面、多くの民間企業と同様にコロンビア国内のクラブチームはパンデミックによる経済危機と闘っている。日本でも先日、サガン鳥栖の深刻な赤字が報じられたばかりだが、地球の裏側にあたる南米大陸でも同様の問題は起きている。

コロンビアでは、政府とFCF(コロンビアサッカー連盟)が今年のリーグ戦やカップ戦の運営について日々議論しているものの、現時点で明るい兆しは見えていない。そんな状況で、ドゥケ大統領は近日中のサッカーリーグの再開に否定的な見解を示した。

「4月27日以降に通常の社会生活が戻る見込みはない。スタジアム、バー、コンサートなどは少なくとも18ヵ月は戻れないだろう」

18ヵ月後は、2021年9月だ。大統領の声明が今後も変わらないようだと、コロンビアの国内サッカーが年内に復活する可能性はゼロになるが…。仮に事態が好転してサッカーの公式戦を再開できるようになったとしても、当面の間は無観客試合を想定しているとのことで、コロンビアの国民がスタジアムでサッカーを楽しめる機会はかなり先になりそうだ。

2020.04.25

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。