Campeonato Gaúcho 2020カンピオナート・ガウーショ 2020

心臓血管外科手術を受けていたグレミオの指揮官がリオ・デ・ジャネイロで事実上の隔離状態に

グレミオのヘナット・ガウーショ監督が心臓血管外科手術によりリオ・デ・ジャネイロで隔離状態に
▲ マスクを装着してベンチに座るグレミオのヘナット・ガウーショ監督
COVID-19(新型コロナウイルス感染症)のパンデミックで混乱に陥っているブラジルサッカー界で、新たな懸念が浮上した。グレミオのヘナット・ガウーショ監督が、疾病と手術によりリオ・デ・ジャネイロから移動できない状況に置かれているという。

グレミオは5月5日からチーム練習を再開しているが、そこに監督の姿はない。実はヘナット・ガウーショ監督はリオ・デ・ジャネイロで心臓血管関連の手術を受けていて、体調が万全でない状況でポルト・アレグレに帰還することをチームから止められているのだ。COVID-19による罹患や感染などを避ける目的も兼ねて、同監督はさらに数週間リオ・デ・ジャネイロに滞在することとなっている。

今回、指揮官がポルト・アレグレに戻れない理由のひとつとして、交通関係の問題も挙がっている。COVID-19のパンデミックにより、リオ・デ・ジャネイロとポルト・アレグレとを結ぶ航空機の直行便がなくなっていることもあり、ヘナット・ガウーショ監督がポルト・アレグレに戻るためにはサンパウロを経由しなければならない。だが、リオ・デ・ジャネイロ、サンパウロともにCOVID-19の感染者数が多いこともあって、サンパウロ経由での移動さえも当局から止められているという。

そんなヘナット・ガウーショ監督は現在、離れたリオ・デ・ジャネイロから電話やインターネットなどでコーチングスタッフと連絡を取り合い、チームの状況を見守っているとしている。

◆ ヘナット・ガウーショ

本名:
ヘナット・ポルタルッピ
生年月日:
1962年9月9日生まれ(57歳)
出身:
ブラジル(リオ・グランジ・ド・スウ州グアポレー)
身長:
184cm
ポジション:
フォワード

1980年にグレミオでデビューすると、1983年にはコパ・リベルタドーレス優勝に貢献して同年のトヨタカップでも優勝に貢献した。1987年にフラメンゴへ移籍すると、1988年にはローマ(イタリア)へ移籍。しかし結果を残せず、翌1989年にフラメンゴへ移籍すると、以降はブラジルのクラブチームを渡り歩いた。ブラジル帰国以降だと1991〜1992年に所属したボタフォゴでの活躍がピーク。1999年にバングーで現役を引退した。2000年からはブラジル国内で監督を歴任している。元ブラジル代表。

2020.05.07

★カンピオナート・パウリスタの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。