Campeonato Paulista 2020カンピオナート・パウリスタ 2020

2002年にはセレソンの一員で来日したヴァンペッタ氏が新興チームの会長を辞任

元ブラジル代表MFヴァンペッタ氏がサンパウロ州3部のグレミオ・オザスコの会長職を退く
▲ サンパウロ州のグレミオ・オザスコの会長職を辞すると発表した元ブラジル代表MFヴァンペッタ氏
2002年のワールドカップで来日した元ブラジル代表MFヴァンペッタ氏が、サンパウロ州3部の新興チームであるグレミオ・オザスコの会長職を退いたことを明らかにした。

2011年に37歳で現役を引退したヴァンペッタ氏は、現役最後の所属チームであったグレミオ・オザスコでプレイングマネージャーをしていた経緯から、そのまま同年には同チームのスポーツディレクターに就任。2013年からは会長職に就いていた。しかし任期満了を迎えて、会長の座を退くことになった。

「私はもう会長ではない。すでに任期を満了していて、現在は同クラブの審議理事会の会長に転身しているんだ。個人的には引き続き会長職に留まりたかったのだが、規定によってできないことになっているからね。仕方ない」

同氏の後任には、クラブチームの所有者であるマリオ・テイシェイラ元会長の義理の息子であるヘナット・ドス・サントス・ボテーガ氏が就いた。同氏はマリオ・テイシェイラ元会長の娘と結婚していて、同元会長とは親族関係にある。

「オーナーのチームはすべてセットアップされていて、至って順調。新会長は、マリオの娘の旦那であるヘナット氏だ。クラブチームはファミリーだからね(笑)」と、ヴァンペッタ氏は冗談交じりに新会長の紹介とオーナーファミリーを紹介した。

◆ ヴァンペッタ

本名:
マルコス・アンドレ・バチスタ・サントス
生年月日:
1974年3月13日生まれ(46歳)
出身:
ブラジル(バイーア州ナザレー)
身長:
184cm
ポジション:
ボランチ

1990年に16歳でビットーリアの下部組織に入り、1993年に19歳でトップチームに昇格。すると翌1994年にはPSVアイントホーフェン(オランダ)に渡って活躍し、1996年には母国に戻ってフルミネンセに加入したが、キャリアのピークを迎えたのは1998年から約2年間在籍したコリンチャンス時代。200年にインテル(イタリア)へ移籍したが、出場機会は少なく。パリ・サンジェルマン(フランス)でも出場機会は限られたが、2001年にフラメンゴへ移籍すると、翌2002年に復帰した古巣コリンチャンスで再び躍動した。同選手の現役時代といえばコリンチャンスでの活躍が専ら。2002年にはブラジル代表の一員として来日し、決勝トーナメント1回戦のベルギー戦の夜には神戸・三宮にあるブラジリアンレストラン「コパカバーナ(現在は店名をコパラテンに変更して移転)」に、ホナウド、ジュニオール、ジーダ、ルイゾンと5人で入店して深夜3時頃まで飲み明かした。1999年にはブラジルのゲイ雑誌でヌードを披露するなど、ピッチ外の話題にも事欠かなかった。

2020.06.09

★カンピオナート・パウリスタの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。