Campeonato Paulista 2020カンピオナート・パウリスタ 2020

カバーニの加入をラジオでほのめかしたルガーノ氏が一転否定 「獲得するのは難しいだろう」

サンパウロでディレクターを務める元ウルグアイ代表DFディエゴ・ルガーノ氏がウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニの加入について否定的な見解
▲ ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニのサンパウロ加入は資金面と欧州市場との兼ね合いから不可能との向き
13日にウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニとブラジル代表DFチアゴ・シウバの二人がパリ・サンジェルマン(フランス)との契約を更新しないことが判明したことで、サンパウリーノ(サンパウロのサポーター)の間ではカバーニの加入への期待が高まった。だが、カバーニの友人であり、サンパウロでディレクターを務めている元ウルグアイ代表DFディエゴ・ルガーノ氏は、カバーニのサンパウロ加入について否定的な見解を示している。

「私はカバーニ、チアゴ・シウバの二人とも現役時代からよく知っているし、二人とも非常に優秀な選手であることは皆もご存知の通り。そして彼らには欧州のクラブから続々とオファーが届いているとも聞いている。今日、南米大陸ではCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)のパンデミックによって深刻な状況にある中で、カバーニがブラジルに来る可能性は…」

SporTVのインタビューに応じたルガーノ氏は、サンパウロの財政状況がカバーニを獲得できるほどの水準にないと説明している。

「ブラジルではフラメンゴやコリンチャンスなどであっても、さらにはアルゼンチンのボカ、リーベルであってもカバーニを獲得するのは難しいだろう。財政的な問題もある上に、今は感染症の懸念もあるから」

カバーニにサンパウロ移籍の噂が上がったのは、ルガーノがアルゼンチンのラジオ番組でカバーニが南米大陸に戻るとなった場合はサンパウロの前線で歓迎するといった主旨のコメントを残したことが発端だった。その後、サンパウロのフェルナンド・ジーニス監督もカバーニの加入に好意的な以降を示していたが、一方でサッカーディレクターの元ブラジル代表MFライー氏は消極的な意見に留めていた。

◆ ディエゴ・ルガーノ

本名:
ディエゴ・アルフレード・ルガーノ・モレーノ
生年月日:
1980年11月2日生まれ(37歳)
出身:
ウルグアイ(カネロネス)
身長:
188cm
ポジション:
センターバック

1999年に母国の名門ナシオナル・モンテビデオでデビューしたが、2003年から3年半在籍したサンパウロで大きく飛躍。2005年には日本で行われたFIFA世界クラブ選手権で、優勝の立役者の一人としてチームに貢献した。2006年からの5年間はフェネルバフチェ(トルコ)でも活躍したが、2011年にパリ・サンジェルマン(フランス)に移籍して以降は出場機会に恵まれない境遇が続いた。2014年のワールドカップを最後にウルグアイ代表を引退。

2020.06.18

★カンピオナート・パウリスタの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。