Campeonato Gaucho 2020カンピオナート・ガウーショ 2020

ブラジル代表FWジエゴ・ソウザの2ゴールなどで点の取り合いを制したグレミオが決勝進出

カンピオナート・ガウーショ 2020 2nd.ターン 準決勝 グレミオ 4-3 ノボ・アンブルゴ
▲ ゴールを決めたブラジル代表FWジエゴ・ソウザ(左)を抱擁で祝福するブラジル代表FWエベルトン(右)
8月2日に行われたカンピオナート・ガウーショの2nd.ターン 準決勝。リオ・グランジ・ド・スウ州の州都ポルト・アレグレで行われた「グレミオ×ノボ・アンブルゴ」は、ブラジル代表FWジエゴ・ソウザの2ゴールなどでグレミオが点の取り合いを制した。

先制したのはグレミオで、2分にブラジル代表FWエベルトンがペナルティエリアの左端から右足でクロスを上げると、ジエゴ・ソウザがヘディングでゴールに押し込んだ。

17分に叩きつけてクロスバーの上を超えるヘディングシュートを打ったマイコンは、22分に右からのクロスがゴールエリアでルーズボールになったところを右足でゴールに押し込み、グレミオはリードを広げた。ところがノボ・アンブルゴは30分、ゼ・マリオがペナルティエリアの手前から左足で直接フリーキックを決めて1点差に詰め寄ると、37分にはスルーパスでペナルティエリアを上がったジューバがキーパーを引きつけて中央にボールを折り返すと、カイロンが無人のゴールにボールを押し込んでスコアをタイに戻した。

後半、グレミオは立ち上がりの47分にジエゴ・ソウザが左からのクロスに頭で合わせてゴールネットを揺らしたが、主審はジエゴ・ソウザのファウルを取ってゴールを取り消した。ジエゴ・ソウザは50分の場面でも今度はヘディングシュートを止められたが、58分に左サイドをオーバーラップしたギリェルミ・ゲージスのグラウンダーのクロスを左足でゴールに沈めて 3-2 とした。

ノボ・アンブルゴは77分のコーナーキックで相手のファウルを誘って得たPKを、ゼ・マリオが決めて再びスコアをタイに戻した。

点の取り合いのファイナルゴールは90分、右からのクロスを相手の最終ラインがクリアミスすると、最終ラインの裏でトラップしたルシアーノが左足でゴールに流し込んで、グレミオが競り勝った。

この結果、決勝は「グレミオ vs インテルナシオナウ」のクラシコとなった。

カンピオナート・ガウーショ 2020 2nd.ターン 準決勝 (2020/08/02)
グレミオ 4-3 ノボ・アンブルゴ
バンデルレイ GK ジャキソン
ルイス・マヌエル・オレフエーラ
ペドロ・ジェロメウ
ワルテル・カンネマン
ギリェルミ・ゲージス
DF ケズリー
モイゼス
(ジョナタン)
ジエゴ・イボ
ゼ・マリオ
マテウス・エンリーキ
マイコン
(ルーカス・シウバ)
ジェアン・ピエーヒ
(ルシアーノ)
MF シコン
マテウス・ベルトット
モゾロー
(グト)
マテウス・ラゴーア
(ジャンカルロ)
アリソン
(ペペ)
ジエゴ・ソウザ
(イザーキ)
エベルトン
FW カイロン
ジューバ
ジエゴ・ソウザ 02
マイコン 22
ジエゴ・ソウザ 58
ルシアーノ 90
ゴール 30 ゼ・マリオ
37 カイロン
79 ゼ・マリオ (PK)
マイコン
ギリェルミ・ゲージス
イエロー
カード
ゼ・マリオ
ケズリー
ヘナット・ガウーショ 監督 マルシオ・ヌーニス
主審: ダニエウ・ノブリ・ビンス
会場: アレーナ・ド・グレミオ (ポルト・アレグレ)
2020.08.02

★リオ・グランジ・ド・スウ州選手権の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。