Campeonato Brasileiro Serie A 2020ブラジル全国選手権 1部 2020

元アルビレックス新潟のチアゴ・ガリャルドが古巣へ恩返し インテルナシオナウは首位堅守

カンピオナート・ブラジレイロ 2020 第9節 インテルナシオナウ 2-0 セアラー
▲ 43分に先制ゴールを決めた元アルビレックス新潟のチアゴ・ガリャルド(手前)を抱擁で祝福するエデニウソン
9月9〜10日に各地で行われたカンピオナート・ブラジレイロの第9節。リオ・グランジ・ド・スウ州の州都ポルト・アレグレで行われた「インテルナシオナウ×セアラー」は、元アルビレックス新潟のチアゴ・ガリャルドの2ゴールでインテルナシオナウが勝利を収めた。

昨年セアラーに所属していたチアゴ・ガリャルドにとっては自身の古巣対決となった一戦は、セアラーが9分に攻め込んで決定的な場面を演出したが、クレーベルがペナルティエリアで打ったシュートは相手に当たってゴールに向かうも、アルゼンチン代表DFビクトル・クエスタがゴールライン上で間一髪クリアした。

ボール支配率で上回って徐々に相手を追い込んでいったインテルナシオナウは、43分に先制。右サイドで一人を抜いたエデニウソンが低いクロスを上げると、チアゴ・ガリャルドがゴールエリアで左足を伸ばしてゴールに押し込んだ。

後半、インテルナシオナウは53分にエデニウソンがペナルティエリアで右足を振り抜いたが、シュートはキーパーが右腕で弾き返す。その1分後にはガブリエウ・ボスキーリャが左足ボレーでゴールを狙ったが、キーパーが今度は両手で外へ弾き出した。

さらに75分にはガブリエウ・ラセルダに接近したガブリエウ・ボスキーリャがボールを奪い取ると、近くにいたチアゴ・ガリャルドが飛び出したキーパーにも動じずボールをコントロールして振り切り、無人のゴールへシュートを決めて 2-0 とした。

チアゴ・ガリャルドによる“古巣への恩返し”で勝ったインテルナシオナウは首位を堅守。敗れたセアラーは12位に後退した。

カンピオナート・ブラジレイロ 2020 第9節 (2020/09/10)
インテルナシオナウ 2-0 セアラー
マルセーロ・ロンバ GK フェルナンド・プラス
レンソ・サラビア
ゼ・ガブリエウ
ビクトル・クエスタ
モイゼス
DF エドゥアルド
チアゴ
ガブリエウ・ラセルダ
アリソン
エデニウソン
ペグロウ
(マルティン・サラフィオーレ)
(アベル・エルナンデス)
ノナート
(パトリッキ)
ガブリエウ・ボスキーリャ
(ホドリーゴ・モレード)
MF シャルリス
ウィリアン・オリベイラ
(リーマ)
フェルナンド・ソブラウ
(ヒカルジーニョ)
ビニシウス
(ヒッキ)
マテウス・ゴンサウベス
(フェリッピ・バショーラ)
チアゴ・ガリャルド
(アンドレス・ダレッサンドロ)
FW クレーベル
(ハファエウ・ソービス)
チアゴ・ガリャルド 43
チアゴ・ガリャルド 75
ゴール

イエロー
カード
ウィリアン・オリベイラ
アリソン
エドゥアルド・コウデ 監督 グト・フェヘイラ
主審: ホドリーゴ・ダロンソ・フェヘイラ
会場: エスタジオ・ベイラ・リオ (ポルト・アレグレ)
2020.09.10

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。