CONMEBOL Libertadores 2020コンメボル・リベルタドーレス 2020

コロナ禍以前にはピッチで乱闘も起こった因縁のクラシコ 今回はグレミオが接戦を制す

コンメボル・リベルタドーレス 2020 グループリーグ 第4節 インテルナシオナウ 0-1 グレミオ
▲ 73分に値千金の決勝ゴールを決めて駆け出すぺぺ(右)
9月22〜24日に各地で行われたコンメボル・リベルタドーレスのグループリーグ第4節。ブラジルのポルト・アレグレで行われたクラシコ「インテルナシオナウ×グレミオ」は、グレミオが接戦を制した。

COVID-19(新型コロナウィルス感染症)のパンデミックが南米大陸に及ぶ直前の3月12日、試合の終盤に両軍入り乱れての大乱闘にまで発展した因縁のクラシコの再戦となったこの試合。前半は互いに見せ場を作りつつも、フィニッシュの精度が甘くスコアレスでハーフタイムを迎えた。

後半、グレミオは69分に元ブラジル代表FWジエゴ・ソウザのスルーパスで右サイドを上がったぺぺがペナルティエリアの右側からゴールを狙ったが、腰を落としたキーパーの逆を突いたループシュートはファーサイドへ流れてしまう。72分には右サイドからペナルティエリアに入ったアリソンが右足を振り抜いたが、低く抑えたシュートはまたもファーサイドへ流れた。

それでもグレミオは73分、ペペがペナルティアーク付近で右足を振り抜くと、ボールはゴール左隅に吸い込まれて先制した。

インテルナシオナウは75分にウルグアイ代表FWアベル・エルナンデスがワンツーからミドルシュートに持ち込んだが、ボールは枠の外へ。89分には元アルゼンチン代表MFアンドレス・ダレッサンドロがペナルティアークで左足を振り抜いたが、シュートはわずかに枠を捕らえられなかった。

インテルナシオナウは敗れても得失点差で首位をキープした一方、勝ったグレミオは勝ち点で宿敵インテルナシオナウと並び決勝トーナメント進出に弾みをつけた。

コンメボル・リベルタドーレス 2020 グループリーグ 第4節 (2020/09/23)
インテルナシオナウ
(ブラジル)
0-1 グレミオ
(ブラジル)
マルセーロ・ロンバ GK バンデルレイ
レンソ・サラビア
ゼ・ガブリエウ
ビクトル・クエスタ
マテウス・ジューザ
DF ルイス・マヌエル・オレフエーラ
(フアン)
ホドリゲス
ワルテル・カンネマン
ブルーノ・コルテス
ダミアン・ムスト
ホドリーゴ・リンドーゾ
(アンドレス・ダレッサンドロ)
ガブリエウ・ボスキーリャ
マルコス・ギリェルミ
(レアンドロ・フェルナンデス)
MF ルーカス・シウバ
マテウス・エンリーキ
ダルラン
(ホビーニョ)
チアゴ・ガリャルド
アベル・エルナンデス
FW アリソン
(ギリェルミ・アゼベード)
ジエゴ・ソウザ
(イザーキ)
ペペ
(ルイス・フェルナンド)
ゴール 73 ペペ
ホドリーゴ・リンドーゾ
レアンドロ・フェルナンデス
イエロー
カード
ルーカス・シウバ
エドゥアルド・コウデ 監督 ヘナット・ガウーショ
主審: パトリシオ・ロウスタウ (アルゼンチン)
会場: エスタジオ・ベイラ・リオ (ポルト・アレグレ)
2020.09.23

★コンメボル・リベルタドーレス2020のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2019のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。