FIFA World Cup 2022 EliminatóriasFIFAワールドカップ 2022 カタール大会 南米予選

メッシのPKが決勝点 無観客のラ・ボンボネーラでアルゼンチンは白星発進を決める

FIFAワールドカップ 2022 カタール大会 南米予選 第1節 アルゼンチン 1-0 エクアドル
▲ 13分にPKを決めて右手を握り締めるリオネル・メッシ
2022年のFIFAワールドカップ・カタール大会の出場国を決める南米予選は10月8日に開幕し、8〜9日に南米各国で第1節が行われた。アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで行われた「アルゼンチン×エクアドル」は、リオネル・メッシのPKでアルゼンチンが接戦を制した。

今回の南米予選は元々3月に開幕する予定だったが、COVID-19(新型コロナウィルス感染症)のパンデミックで予選どころではなくなってしまったこともあり、開幕が約6ヶ月半延期していた。

立ち上がりからボールを支配して試合を作ったアルゼンチンは、10分にペナルティエリアの右側でルーカス・オカンポスがペルビス・エストゥピニャンのスライディングで倒されると、主審は迷わずPKスポットを指示。このPKをメッシが決めて、アルゼンチンが先制した。

後半、アルゼンチンは立ち上がりの47分に左サイドのアーリークロスをラウターロ・マルティネスが頭で落とすと、ルーカス・オカンポスが右足でシュート。しかし枠を捕らえたボールはキーパーが左手を伸ばしてファーサイドへ掻き出した。

▲ 13分にPKを決めたリオネル・メッシを中心に歓喜の輪を形成するアルゼンチン代表のイレブン
66分には、ラ・ボンボネーラをホームとするボカ・ジュニオルスで活躍中のエドゥアルド・サルビオがピッチに登場。73分にはペナルティアークで放ったメッシのシュートがペナルティエリアでロベール・アルボレーダの右腕に当たったが、右腕は上半身に密着していたため主審はハンドを取らず流した。

対するエクアドルはチャンスらしいチャンスが少なく、最後までゴールを奪えなかった。

アルゼンチンは次節、高地ラ・パスに乗り込んでボリビアと対戦予定。エクアドルは次節、自国にウルグアイを迎え撃つ。

FIFAワールドカップ 2022 カタール大会 南米予選 第1節 (2020/10/08)
アルゼンチン 1-0 エクアドル
フランコ・アルマーニ GK アレハンデル・ドミンゲス
ゴンサーロ・モンティエル
(ファン・フォイ)
ルーカス・マルティネス・クアルタ
ニコラス・オタメンディ
ニコラス・タグリアフィコ
DF エリック・フェリーラ
(アンヘロ・プレシアード)
ロベール・アルボレーダ
ハビエル・アレアーガ
ペルビス・エストゥピニャン
レアンドロ・パレーデス
ロドリーゴ・デ・ポル
マルコス・アクーニャ
(エドゥアルド・サルビオ)
リオネル・メッシ
ルーカス・オカンポス
(ニコラス・ドミンゲス)
MF カルロス・グルエーソ
アラン・フランコ
モイセス・カイセード
(ロマーリオ・イバーラ)
レナート・イバーラ
(ゴンサーロ・プラータ)
アンヘル・メナ
(ミチャエル・エストラーダ)
ラウターロ・マルティネス
(ルーカス・アラーリオ)
FW エネル・バレンシア
(PK) リオネル・メッシ 13 ゴール
レアンドロ・パレーデス
ニコラス・オタメンディ
イエロー
カード
エネル・バレンシア
リオネル・スカローニ 監督 グスターボ・アルファーロ
主審: ロベルト・トバル (チリ)
会場: ラ・ボンボネーラ (ブエノスアイレス)
2020.10.08

★ワールドカップ南米予選の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。