FIFA World Cup 2022 EliminatóriasFIFAワールドカップ 2022 カタール大会 南米予選

ベネズエラはVARで先制ゴールが無効に… 終盤にゴールをこじ開けたパラグアイが2戦目で初勝利

FIFAワールドカップ 2022 カタール大会 南米予選 第2節 ベネズエラ 0-1 パラグアイ
▲ 95分に先制ゴールを決めたガストン・ヒメーネス(中央)に駆け寄るパラグアイ代表のイレブン
10月13日に南米各国で行われたワールドカップ南米予選の第2節。ベネズエラのメリダで行われた「ベネズエラ×パラグアイ」は、終盤に先制したパラグアイが接戦を制した。

パラグアイは9分にガストン・ヒメーネスが左足でロングシュートを打ったが、ボールはクロスバーで大きく音を立てて弾き出されてしまう。24分にはアンヘル・ロメーロが右足で直接フリーキックを放ったが、枠を捕らえたボールはキーパーのファインセーブに遭った。

後半、ベネズエラは64分にヤンヘル・エレーラが右からのクロスに頭で合わせてゴールネットを揺らしたが、VARチェックの結果エレーラのヘディングシュートが同選手の左手に当たった上でゴールに入ったことが判明したため、ベネズエラの先制点は幻となった。さらに78分にはショートコーナーからセルヒオ・コルドバがヘディングシュートに及んだが、今度はキーパーのファインセーブに遭ってゴールを奪えない。

すると無失点でしのいだパラグアイは85分、右から折り返されたボールをガストン・ヒメーネスが左足でゴールネットに突き刺して先制した。

ベネズエラは92分にロルフ・フェルチェルがゴールエリアで転倒すると、VARチェックにより相手のファウルが認められてPKを得た。ところが、ヤンヘル・エレーラが右足で蹴ったPKはキーパーにコースを読み切られて、同点にはできなかった。

ベネズエラは連敗で9位に、勝ったパラグアイは4位につけている。

FIFAワールドカップ 2022 カタール大会 南米予選 第2節 (2020/10/13)
ベネズエラ 0-1 パラグアイ
ウィルケル・ファリニェス GK アントニー・シルバ
ロルフ・フェルチェル
ジョン・チャンセロール
ウィルケル・アンヘル
ロベルト・ロサーレス
(ロナール・エルナンデス)
DF アルベルト・エスピノーラ
グスターボ・ゴメス
ジュニオール・アロンソ
ブラス・リベーロス
(オマール・アルデレーテ)
トマス・リンコン
ヤンヘル・エレーラ
クリスティアン・カセレス Jr.
(エリック・ラミーレス)
MF アドリアン・クバス
(アンヘル・カルドーソ)
ガストン・ヒメーネス
マティアス・ビヤサンティ
ダルウィン・マチース
(ジョン・ムリージョ)
セルヒオ・コルドバ
(フェルナンド・アリステギエータ)
ロムロ・オテーロ
(ジェフェルソン・ソテルド)
FW アンヘル・ロメーロ
(ファビアン・バルブエーナ)
ダリオ・レスカーノ
(アントニオ・サナブリア)
ミゲル・アルミロン
(ロベール・ロハス)
ゴール 85 ガストン・ヒメーネス
ヤンヘル・エレーラ
ロルフ・フェルチェル
トマス・リンコン
イエロー
カード
アドリアン・クバス
ダリオ・レスカーノ
ミゲル・アルミロン
ジョゼ・ペセイロ 監督 エドゥアルド・ベリッソ
主審: アンドレス・ホセ・ロハス・ノゲーラ (コロンビア)
会場: エスタジオ・メトロポリターノ・デ・メリダ (メリダ)
2020.10.13

★ワールドカップ南米予選の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。