FIFA World Cup 2022 EliminatóriasFIFAワールドカップ 2022 カタール大会 南米予選

メッシが左足で決めた勝ち越しのゴールは幻に VARチェックの結果27秒前のファウルが理由に

FIFAワールドカップ 2022 カタール大会 南米予選 第3節 アルゼンチン 1-1 パラグアイ
▲ 21分に先制のPKを決めたアンヘル・ロメーロ(11番)
11月12〜13日に南米各国で行われたワールドカップ南米予選の第3節。アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで行われた「アルゼンチン×パラグアイ」は、互いに追加点を奪えず勝ち点1を分け合う結果に終わった。

ボカ・ジュニオルスのホームであるラ・ボンボネーラで行われた試合は、序盤にボールを支配して攻め込んだパラグアイが19分、ドリブルで左サイドからペナルティエリアに侵入したミゲル・アルミロンがルーカス・マルティネス・クアルタと交錯して転倒。このファウルで得たPKをアンヘル・ロメーロが決めて、先制した。

失点してからボール支配率を高めたアルゼンチンは、何度も攻め込んだがパラグアイの堅守に手を焼いた。それでも41分にコーナーキックを得ると、ニコラス・ゴンサーレスがヘディングでゴールネットに突き刺して、スコアをタイに戻した。

▲ 56分にゴールを決めた(はずの)メッシ(10番)は、ブラジル人主審の背後からVARの映像をのぞき込む
追いついて勢いづいたアルゼンチンは、44分にロドリーゴ・デ・ポルがペナルティエリアの手前で右足を振り抜き、枠を捕らえたボールはキーパーのファインセーブに遭ったが、デ・ポルは後半の立ち上がりにも決定的な場面でシュートを打つなど見せ場を作った。

すると56分、ジオバーニ・ロ・チェルソがペナルティエリアで折り返したボールをリオネル・メッシが左足でキーパーの右手を弾くシュートをゴールに決めた。アルゼンチンのイレブンは歓喜の輪を形成したが、VARチェックをした主審は、その前にニコラス・ゴンサーレスがアンヘル・ロメーロを押し倒していたファウルを認定して、メッシのゴールを取り消した。

アルゼンチンは暫定首位に浮上したが、翌日の結果次第でブラジルかコロンビアに抜かれる可能性は残っている。パラグアイは暫定4位につけている。

FIFAワールドカップ 2022 カタール大会 南米予選 第3節 (2020/11/12)
アルゼンチン 1-1 パラグアイ
フランコ・アルマーニ GK アントニー・シルバ
ゴンサーロ・モンティエル
ルーカス・マルティネス・クアルタ
ニコラス・オタメンディ
DF ロベール・ロハス
ファビアン・バルブエーナ
グスターボ・ゴメス
ジュニオール・アロンソ
レアンドロ・パレーデス
エセキエル・パラシオス
(ジオバーニ・ロ・チェルソ)
ロドリーゴ・デ・ポル
(ルーカス・アラーリオ)
ニコラス・ゴンサーレス
ルーカス・オカンポス
(アンヘル・ディ・マリア)
MF アンヘル・カルドーソ
マティアス・ビヤサンティ
(ホルヘ・モレル)
ガストン・ヒメーネス
(ファン・ロドリーゴ・ロハス)
ラウターロ・マルティネス
(ニコラス・ドミンゲス)
リオネル・メッシ
FW アンヘル・ロメーロ
(アントニオ・サナブリア)
ダリオ・レスカーノ
(エルナン・ペレス)
ミゲル・アルミロン
(オマール・アルデレーテ)
ニコラス・ゴンサーレス 41 ゴール 21 アンヘル・ロメーロ (PK)
ロドリーゴ・デ・ポル
ゴンサーロ・モンティエル
イエロー
カード
アンヘル・ロメーロ
エルナン・ペレス
ミゲル・アルミロン
リオネル・スカローニ 監督 エドゥアルド・ベリッソ
主審: ハファエウ・クラウス (ブラジル)
会場: ラ・ボンボネーラ (ブエノスアイレス)
2020.11.12

★ワールドカップ南米予選の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。