CONMEBOL Libertadores 2020コンメボル・リベルタドーレス 2020

サントスは勝利目前でPKを献上 VARにより得たPKをジエゴ・ソウザが決めてグレミオが追いつく

コンメボル・リベルタドーレス 2020 準々決勝 1st.Leg グレミオ 1-1 サントス
▲ 終了直前にPKを決めた元ブラジル代表FWジエゴ・ソウザ(右)の肩を組んで喜ぶペドロ・ジェロメウ(左)
12月8〜10日に各地で行われたコンメボル・リベルタドーレスの準々決勝 1st.Leg。ブラジルのポルト・アレグレで行われた「グレミオ×サントス」は、グレミオが終了直前にPKで追いつき引き分けに持ち込んだ。

静かな立ち上がりとなった前半は、サントスが20分に攻め込んでマリーニョがペナルティエリアで切り返したところでアルゼンチン代表DFワルテル・カンネマンと交錯して転倒したかに思われたが、主審はファウルがなかったとしてサントスにPKを与えなかった。それでも35分、ショートコーナーでキーパーを前に引きつけたサントスは、クリアボールをフェリッピ・ジョナタンが頭で押し戻すと、カイオ・ジョルジが右足に当ててコースを変えてゴール右隅に流し込み、先制した。

先制点が生まれた直後には、転倒した相手選手にジョビソンが踏みつけるようなアクションをしたことで、両軍入り乱れての乱闘寸前になる一幕も。前半はサントスの1点リードで終了した。

後半、60分、66分とコーナーキックから決定機を演出したグレミオは、終盤には人数を割いてパワープレイに徹した。すると94分、右サイドから上げたクロスがペナルティエリアにいたビニシウス・バレイロの左腕を直撃して、一旦はコーナーキックを指示した主審はVARとの無線連絡を経てPKに変更。このPKを元ブラジル代表FWジエゴ・ソウザが決めて、グレミオが引き分けに持ち込んだ。

2nd.Leg は12月16日に、ブラジルのサントスで行われる。

コンメボル・リベルタドーレス 2020 準々決勝 1st.Leg (2020/12/09)
グレミオ
(ブラジル)
1-1 サントス
(ブラジル)
バンデルレイ GK ジョン・ビクトル
ビクトル・フェーハス
(ディエゴ・チュリン)
ペドロ・ジェロメウ
ワルテル・カンネマン
(デイビッジ・ブラス)
ジオゴ・バルボーザ
DF パラ
(ジェアン・モッタ)
ルーカス・ベリッシモ
ルアン・ペレス
フェリッピ・ジョナタン
マイコン
(ダルラン)
マテウス・エンリーキ
セサル・ピナーレス
(エベルトン)
MF ジョビソン
(アリソン)
ジエゴ・ピトゥーカ
サンドリ
(ビニシウス・バレイロ)
ルーカス・ブラーガ
ルイス・フェルナンド
(フェヘイラ)
ジエゴ・ソウザ
ペペ
FW マリーニョ
(ブルニーニョ)
カイオ・ジョルジ
(マジソン)
(PK) ジエゴ・ソウザ 90+11 ゴール 35 カイオ・ジョルジ
マイコン
ジオゴ・バルボーザ
マテウス・エンリーキ
イエロー
カード
ジョビソン
ルアン・ペレス
ジエゴ・ピトゥーカ
サンドリ
レッド
カード
ジエゴ・ピトゥーカ
ヘナット・ガウーショ 監督 クッカ
主審: ファン・ガブリエル・ベニーテス (パラグアイ)
会場: アレーナ・ド・グレミオ (ポルト・アレグレ)
2020.12.09

★コンメボル・リベルタドーレス2020のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2019のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。