Selección Nacional de Argentinaアルゼンチン代表

4年前からメキシコで活躍中のバロベーロ 古巣リーベルへの思いと復帰の可能性について語る

アルゼンチン代表GKマルセーロ・バロベーロが考える古巣リーベル・プレートへの復帰について
▲ いずれは古巣リーベルにも戻りたい意志を示したアルゼンチン代表GKマルセーロ・バロベーロ
リーベル・プレートでは現在、33歳のアルゼンチン代表GKフランコ・アルマーニが守護神として君臨している。アルマーニより3歳上のアルゼンチン代表GKマルセーロ・バロベーロは現在メキシコで活躍しているが、古巣リーベルへの思いを強く抱いている。

リーベルで現在活躍中のアルマーニはリーベルプラテンセ(リーベル・プレートのサポーター)の期待値を高めているが、その一方で彼らの間に思い出深く残っているのがバロベーロ。そんな彼らの愛情が届いているのか否かはさておき、バロベーロ自身もかつて4年間活躍した古巣リーベルに特別な思いがあるという。

「リーベルにいた頃は楽しかった。サポーターの愛情も日々感じていたし、時間の経過とともに記憶が温まるのは自然なことかもしれない。リベルタドーレスを優勝できたことも非常に喜ばしいことだった」

そこで「またリーベルに戻りたいか」と問われると、バロベーロは心情としては戻りたいとしながらも、現実的に戻ってから出場機会を得られるか否かについても言及した。

「またリーベルのゴールを守りたいのは願望としてあるのは事実。ただ、リーベルのゴールを再び守るには、クラブの要求に対して応じられるだけの能力が自分にないと難しいだろう。もし自分の実力が落ちていて、リーベルのゴールを守るレベルになかったら、自分の思いだけで戻るのもどうかなと思う。それは私でなくリーベルが決めることだけどね」

最後にバロベーロは、自身がアルゼンチン時代にお世話になった監督のうち、3人への感謝を示した。
(ベレス時代の)リカルド・ガレカ、(リーベル時代の)ラモン・ディアス、マルセーロ・ガジャルドにはとくに感謝している。彼らに教えてもらったいろいろなことが自分の礎となっているから」

◆ マルセーロ・バロベーロ

本名:
マルセーロ・アルベルト・バロベーロ
生年月日:
1984年2月18日生まれ(36歳)
出身:
アルゼンチン(コルドバ州ポルテーニャ)
身長:
182cm
ポジション:
ゴールキーパー

2003年にアトレティコ・ラファエラでデビューすると、チームが国内で2部に降格した2004年からレギュラーに定着。だがチームを1部昇格には導けずに、2007年にウラカンへ移籍した。2008年からはベレスで徐々に出場機会を増やすと、2010年からはレギュラーに定着。そして2012年にリーベル・プレートに移籍して長くゴールマウスを守って、2015年にはチームのリベルタドーレス優勝にも貢献した。2016年にはメキシコに渡り、クルブ・ネカクサで2シーズン活躍。2018年からは強豪のモンテレイでゴールマウスを守っている。アルゼンチン代表。

2020.04.07

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。