CONMEBOL Libertadores 2020コンメボル・リベルタドーレス 2020

COVID-19による影響はひとまず度外視 直近3年の国際大会における決勝開催都市を公募へ

CONMEBOL(南米サッカー連盟)が直近3年のリベルタドーレス決勝開催都市について募集開始
CONMEBOL(南米サッカー連盟)は14日、2021年から向こう3年間のリベルタドーレスとスダメリカーナの決勝戦開催都市について協議を始めるとともに、開催都市の候補地に関する提案受付を開始した。

CONMEBOLは5月26〜27日に遠隔WEB会議の開催を予定していて、そこで各国のサッカー協会(連盟)との意見交換を実施する予定。今回の結論は、同月29日の発表も予定している。

CONMEBOLのクラブ大会総局によれは、5月25〜26日に立候補都市とのWEB会議によるワークショップが開催される予定で、その場で直近3年の決勝開催都市に関する協議が行われるとしている。なお、この議題ではあくまで南米大陸での往来が条件とされているため、南米大陸以外の国による立候補は受け付けないとも定義している。

2019年にペルーの首都リマ、2020年はブラジルのリオ・デ・ジャネイロとしているリベルタドーレスの、2021年以降の決勝開催都市はどこになるのか。スダメリカーナの決勝開催都市も含めて、その詳細は決まっていない。

なお、CONMEBOLは決勝開催都市については、出場予定のチームが南米各国を移動できるようになった上で、その現状をCONMEBOLが了承するかにかかっているため、2022年以降はさておき、2021年の決勝開催都市がいつ決まるかは不透明な情勢だ。
2020.05.16

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。