Campeonato Paulistaカンピオナート・パウリスタ

名古屋グランパスから復帰後いきなりゴールを決めたジョ 「7ヵ月も試合に出ていなかったから…」

名古屋グランパスからコリンチャンスに帰ってきた元ブラジル代表FWジョの試合後コメント
▲ 名古屋グランパスからの移籍後初戦でゴールを決めた元ブラジル代表FWジョ(中央)
7月30日に行われた試合(「ブラガンチーノ vs コリンチャンス」)で、名古屋グランパスから古巣コリンチャンスに帰ってきた元ブラジル代表FWジョは、77番のユニフォームに袖を通してスタメンフル出場を果たすと、64分にはコーナーキックに頭で合わせてチームの勝利に貢献した。試合後にマイクを向けられたジョは、移籍後初戦でゴールを決めた喜びを惜しみなく語った。

「私はこの試合に満足しているし、この機会にここに戻ってこられたことを神に感謝している。移籍後の初戦でゴールを決めることは、今後にも向けて重要だ。目指すタイトルまで、あと3試合(準決勝1試合と決勝2試合)だ」

「やや感じたところは、7ヵ月も試合に出ていなかったから、コンディションは万全でなかった。90分間はなんとか耐えられたけど、疲労感に覆われたね。コリンチャンスはもっと強くならなければ。そうした意味でも、今日の試合はうまくいった」

13歳で下部組織に入団して以降、ジョにとってコリンチャンスは特別なクラブチーム。今や33歳とすっかりベテランだが、愛する古巣に戻ってきたことでここからゴール量産といきたいところであろう。

◆ ジョ

本名:
ジョアン・アウベス・ジ・アシス・シウバ
生年月日:
1987年3月20日生まれ(33歳)
出身:
ブラジル(サンパウロ州サンパウロ)
身長:
192cm
ポジション:
センターフォワード

2000年に13歳でコリンチャンスの下部組織に入団すると、2003年に16歳の若さでトップチームに昇格。2004年からはレギュラーに定着した。2005年にCSKAモスクワ(ロシア)に渡って活躍すると、2008年にはマンチェスター・シティ(イングランド)に移籍して活躍。二度のレンタル移籍を経て、2011年にインテルナシオナウへの移籍で6年ぶりに母国へ戻ると、2012年からはアトレチコ・ミネイロで長く活躍し、ホナウジーニョ・ガウーショらとともにリベルタドーレス優勝にも貢献した。2015年からはUAEや中国にも活躍の場を移し、2017年に古巣コリンチャンスに12年ぶりの復帰を果たす。2018年から2年半、名古屋グランパス(日本)で活躍したが、2020年6月にグランパスとの契約を解除して古巣コリンチャンスに戻った。元ブラジル代表。

2020.07.30

★カンピオナート・パウリスタの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。