FIFA World Cup 2022 EliminatóriasFIFAワールドカップ 2022 カタール大会 南米予選

ペルーは二度勝ち越すも… ネイマールのハットトリックなどで逆転したブラジルが連勝で首位堅守

FIFAワールドカップ 2022 カタール大会 南米予選 第2節 ペルー 2-4 ブラジル
▲ 6分に先制ゴールを決めたアンドレ・カリージョ(右)は両膝を着いて喜ぶ
10月13日に南米各国で行われたワールドカップ南米予選の第2節。ペルーの首都リマで行われた「ペルー×ブラジル」は、ネイマールのハットトリックなどでブラジルが逆転勝利を収めた。

先制したのはペルーで、6分に相手の中途半端なクリアボールをアンドレ・カリージョがペナルティアーク付近から右足ボレーでドライブ回転をかけてゴールに蹴り込んだ。

対するブラジルは19分、ペナルティエリアでボールを競ったネイマールが、着地した直後に背後からヨシマール・ヨトゥンにユニフォームを引っ張られて転倒すると、このファイルで得たPKをネイマールが自ら決めて、前半のうちに追いついた。

ネイマールは29分にもゴールネットを揺らしたが、直前のオフサイドを取られてこのゴールは取り消された。37分にはカゼミーロが直接フリーキックを放つなど、ブラジルが時間の経過とともに試合の流れを引き寄せていった。

▲ PKを決めたネイマール(右)の肩を組むヒシャリソン(左)
後半、ブラジルはネイマールが55分に右足で直接フリーキックを放ったが、ボールはクロスバーをかすめて枠を逸れる。するとペルーは59分に、レナート・タピアのミドルシュートがホドリーゴ・カイオに当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれて勝ち越しに成功した。

二度リードを許したブラジルだが、64分にホベルト・フィルミーノがコーナーキックを頭で折り返すと、最後はヒシャリソンが右足でゴールに押し込んだ。ペルー側の主張でVARチェックが行われたが、判定は覆らずヒシャリソンのゴールが認められた。

追いついたブラジルは79分に、ペナルティエリアでカルロス・サンブラーノと交錯したネイマールが転倒すると、主審はPKを指示。ペルーのイレブンは主審を取り囲んで抗議したが判定は覆らず、このPKをネイマールが決めて逆転に成功した。

その後退場者を二人出したペルーに対し、ブラジルは後半のアディショナルタイムにエベルトン・ヒベイロのシュートがポストに当たって跳ね返ったところをネイマールが右足ボレーでゴールに押し込んで、ネイマールはハットトリックを達成。そしてブラジルは敵地で勝ち点3を獲得した。

勝ったブラジルは首位を堅守した一方、ペルーは8位に後退している。

FIFAワールドカップ 2022 カタール大会 南米予選 第2節 (2020/10/13)
ペルー 2-4 ブラジル
ペドロ・ガレーセ GK ウェベルトン
ルイス・アドビンクラ
カルロス・サンブラーノ
ルイス・アブラン
ミゲル・トラウコ
DF ダニーロ
マルキーニョス
(ホドリーゴ・カイオ)
チアゴ・シウバ
ヘナン・ロジ
(アレックス・テレス)
レナート・タピア
(クリスティアン・クエバ)
ペドロ・アキーノ
ヨシマール・ヨトゥン
アンドレ・カリージョ
クリストファー・ゴンサーレス
(ミゲル・アラウーホ)
MF カゼミーロ
フィリッピ・コウチーニョ
(エベルトン・ヒベイロ)
ドウグラス・ルイス
ジェフェルソン・ファルファン FW ヒシャリソン
ホベルト・フィルミーノ
(エベルトン)
ネイマール
アンドレ・カリージョ 06
レナート・タピア 59
ゴール 28 ネイマール (PK)
64 ヒシャリソン
83 ネイマール (PK)
90+4 ネイマール
レナート・タピア
クリストファー・ゴンサーレス
イエロー
カード
カルロス・カセダ
カルロス・サンブラーノ
レッド
カード
リカルド・ガレカ 監督 チッチ
主審: フリオ・バスクニャン (チリ)
会場: エスタジオ・ナシオナル (リマ)
2020.10.13

★ワールドカップ南米予選の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。