Campeonato Brasileiro Serie A 2020ブラジル全国選手権 1部 2020

逆転できなかったアトレチコ・ミネイロ 暫定で首位を維持するもフラメンゴの結果次第で首位陥落も

カンピオナート・ブラジレイロ 2020 第16節 アトレチコ・ミネイロ 1-1 フルミネンセ
▲ 75分にギリェルミ・アラーナ(左)がエンドライン上からボールを折り返す瞬間
10月14〜16日に各地で行われたカンピオナート・ブラジレイロの第16節。ミナス・ジェライス州の州都ベロ・オリゾンチで行われた「アトレチコ・ミネイロ×フルミネンセ」は、引き分けで幕を閉じた。

フルミネンセはキックオフから74秒後に、U-23ペルー代表FWフェルナンド・パチェーコが肉離れを起こして立ち上がれなくなり、負傷交代するアクシデントに見舞われた。

そんなフルミネンセは17分にカイオ・パウリスタのロングシュートがペナルティエリアの右側へこぼれると、ウジソンが拾って中央にパスを出してフェリッピ・カルドーゾのゴールをアシストした。だが、ロングシュートが打たれた時点でウジソンがオフサイドだったため、このゴールは取り消される。それでもその2分後に、ルイス・エンリーキからのパスをペナルティアークでトラップしたカイオ・パウリスタが、トラップによってふわりと浮いたボールを左足ボレーでゴールに蹴り込んで先制した。

後半、フルミネンセは48分に相手のクリアボールをペナルティエリアで拾ったルイス・エンリーキが、フェイントでシュートコースを作って右足を振り抜いたが、シュートは枠を逸れてしまう。するとアトレチコ・ミネイロは51分に、右サイドからのパスをジャイルがスルーしてマホーニがペナルティアークに折り返すと、最後はカイオ・パウリスタが左足でゴールに沈めて追いついた。キーパーがボールに触れていたが、外には弾き出せなかった。

アトレチコ・ミネイロは追いついた直後の53分に逆転の絶好機を迎えたが、波状攻撃はゴールネットを揺らすに至らず。75分にはギリェルミ・アラーナがエンドライン上から折り返したボールにナタンが右足で合わせるも、枠を捕らえたボールはキーパーが身を挺してゴールを守った。

アトレチコ・ミネイロは暫定2位のインテルナシオナウに勝ち点と得失点差で並ばれたが、得点数で上回っているためかろうじて暫定首位を維持。しかし、翌日の試合でフラメンゴが勝った場合は首位陥落となる。

カンピオナート・ブラジレイロ 2020 第16節 (2020/10/14)
アトレチコ・ミネイロ 1-1 フルミネンセ
エベルソン GK ムリエウ
グーガ
ヘーベル
イゴール・ハベーロ
ギリェルミ・アラーナ
DF イゴール・ジュリアン
ニノ
ジゴン
エジージオ
アラン
ジャイル
ナタン
(マイウトン)
MF ウジソン
ドジ
イアゴ・フェリッピ
サビオ
(マホーニ)
エドゥアルド・サッシャ
ケーノ
FW フェルナンド・パチェーコ
(カイオ・パウリスタ)
フェリッピ・カルドーゾ
(ガンソ)
ルイス・エンリーキ
(マルコス・パウロ)
ギリェルミ・アラーナ 51 ゴール 19 カイオ・パウリスタ
ヘーベル
アラン
イゴール・ハベーロ
イエロー
カード
フェリッピ・カルドーゾ
ホルヘ・サンパオリ 監督 オダイール・エウマン
主審: ハファエウ・クラウス
会場: エスタジオ・ド・ミネイロン (ベロ・オリゾンチ)
2020.10.14

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。