Campeonato Brasileiro Serie A 2020ブラジル全国選手権 1部 2020

ルシアーノが2ゴールと絶好調 点の取り合いを制したサンパウロは首位と勝ち点2差の3位に浮上

カンピオナート・ブラジレイロ 2020 第21節 フォルタレーザ 2-3 サンパウロ
▲ この試合で2ゴールを決めたルシアーノ
11月13〜14日に各地で行われたカンピオナート・ブラジレイロの第21節。セアラー州の州都フォルタレーザで行われた「フォルタレーザ×サンパウロ」は、ルシアーノの2ゴールなどでサンパウロが点の取り合いを制した。

先制したのはフォルタレーザで、14分に自陣からのロングパスで最終ラインの裏を突いたデイビッジが相手陣内を駆け上がると、ペナルティエリアに達して右足でゴールへ流し込んだ。

34分にガブリエウ・サラのロングシュートで反撃に出たサンパウロは、39分にガブリエウ・サラが左足で直接フリーキックを決めて追いついた。

後半、54分にカウンターで攻め上がったフォルタレーザは、ドリブルでペナルティエリアに達したデイビッジがシュートを打たず中央へパスを出して、遅れて上がってきたベルジソンがペナルティアークで右足を振り抜いた。キーパーが弾いたボールに反応したベルジソンはシュートを打てなかったが、ルーズボールをデイビッジが拾ってキーパーを抜き去り、無人のゴールへボールを流し込んだ。だがVARチェックで映像確認をした主審は、カウンターのきっかけになった場面でベルジソンがジエゴのユニフォームを引っ張って妨害していたことを確認して、デイビッジのゴールを取り消した。

▲ 81分に決勝ゴールを決めたルシアーノ(中央)に笑顔で駆け寄るダニエウ・アウベスやパブロらサンパウロのイレブン
すると判定に救われたサンパウロは60分、左サイドからビットル・ブエーノが上げたグラウンダーのクロスにルシアーノが右足で合わせて勝ち越しに成功した。だがフォルタレーザは食い下がり、73分のセットプレイでパウロンのヘディングシュートをキーパーが弾いたところにウェウリントン・パウリスタが詰めて 2-2 とした。

決勝点が生まれたのは81分。右サイドでボールを持ったダニエウ・アウベスが中央へパスを出すと、ペナルティアークでトラップしたルシアーノが左足でゴールネットに突き刺した。

サンパウロは後半のアディショナルタイムに生まれた決定機ではゴールを決めきれなかったが、リードを守りきって勝ち点3を獲得。勝ったサンパウロは消化試合数が3少ないながらも首位との勝ち点差2の3位につけていて、実質首位ともいえる立ち位置にある。

カンピオナート・ブラジレイロ 2020 第21節 (2020/11/14)
フォルタレーザ 2-3 サンパウロ
フェリッピ・アウベス GK チアゴ・ボウピ
チンガ
(ガブリエウ・ジアス)
ジャキソン
パウロン
カルリーニョス
DF イゴール・ビニシウス
ジエゴ
(ヘイナウド)
ブルーノ・アウベス
レオ
ジュニーニョ
ホナウジ
(マルロン)
フェリッピ
(マリアーノ・バスケス)
ホマリーニョ
MF ホドリーゴ・ネストル
(エルナーニス)
ダニエウ・アウベス
ガブリエウ・サラ
ビットル・ブエーノ
(イゴール・ゴメス)
デイビッジ
(エデルソン)
ベルジソン
(ウェウリントン・パウリスタ)
FW ブレーネル
パブロ
(ルシアーノ)
デイビッジ 14
ウェウリントン・パウリスタ 73
ゴール 39 ガブリエウ・サラ
60 ルシアーノ
81 ルシアーノ
フェリッピ
ジャキソン
イエロー
カード
ホドリーゴ・ネストル
レオ
ダニエウ・アウベス
エルナーニス
マルセーロ・シャムスカ 監督 フェルナンド・ジーニス
主審: マルセーロ・ジ・リーマ・エンリーキ
会場: エスタジオ・ド・カステロン (フォルタレーザ)
2020.11.14

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。