Campeonato Brasileiro Serie A 2020ブラジル全国選手権 1部 2020

点差以上の内容で快勝したフラメンゴが暫定首位に浮上 ホジェーリオ・セニ監督は就任4戦目で初勝利

カンピオナート・ブラジレイロ 2020 第22節 フラメンゴ 3-1 コリチーバ
▲ 2分に先制ゴールを決めたブラジル代表FWブルーノ・エンリーキ(右)を背後から祝福するフラメンゴのイレブン
11月20〜23日に各地で行われたカンピオナート・ブラジレイロの第22節。リオ・デ・ジャネイロ州の州都リオ・デ・ジャネイロで行われた「フラメンゴ×コリチーバ」は、フラメンゴが快勝した。

試合は、フラメンゴが開始早々に先制。2分、カウンターで相手陣内を上がったブラジル代表FWブルーノ・エンリーキが、併走するウルグアイ代表MFジョルジアン・デ・アラスカエータへパスを出した。ボールはペナルティエリアの右側へ流れたが、追いついてボールを止めたアラスカエータは右足でクロスを上げると、ブルーノ・エンリーキがヘディングでゴールに押し込んだ。

フラメンゴは23分にスルーパスで最終ラインの裏へ抜け出したブルーノ・エンリーキがドリブルでキーパーをも振り切ったが、右足で打ったシュートはわずかに枠を逸れてしまう。それでも26分、ビチーニョのスルーパスで右サイドをオーバーラップしたチリ代表DFマウリシオ・イスラがグラウンダーのクロスを上げると、アラスカエータが右足でゴールへパスを出すようなシュートを決めて 2-0 とした。

▲ 就任から4戦目で初勝利を収めたフラメンゴのホジェーリオ・セニ監督
後半、攻められっぱなしのコリチーバには52分にコーナーキックで決定機を演出したが、ウィリアン・マテウスのヘディングシュートはクロスバーの上を通過した。

一方のフラメンゴは74分、ビチーニョとのワンツーで左サイドからペナルティエリアに入ったヘネが、相手のチャージを受けてもボールを奪われずにカットインして右足を振り抜き、3-0 とした。コリチーバは後半のアディショナルタイムにスルーパスでペナルティエリアに入ったマテウスが左足でゴールに流し込んだが、反撃が遅すぎた。

ホジェーリオ・セニ監督は就任から4戦目で初勝利を収めて、フラメンゴは暫定首位に浮上。敗れたコリチーバは降格圏内に低迷している。

カンピオナート・ブラジレイロ 2020 第22節 (2020/11/21)
フラメンゴ 3-1 コリチーバ
ジエゴ・アウベス GK ウィウソン
マウリシオ・イスラ
(マテウジーニョ)
トゥーレル
レオ・ペレイラ
ヘネ
DF ホドウフォ・フィレモン
ナタン・シウバ
(ブライアン・ルクミ)
サビーノ
ウィリアン・アロン
ジェルソン
(ジエゴ)
エベルトン・ヒベイロ
(ラザロ)
ジョルジアン・デ・アラスカエータ
MF マテウス・サリス
マテウス・ガウデザーニ
(イアン・サッシ)
マイウトン
(ジョナタン)
ジオバンニ・アウグスト
ウィリアン・マテウス
ブルーノ・エンリーキ
(ミシャエウ)
ビチーニョ
(ペドロ・ホッシャ)
FW ホビソン
(マテウス・ブエーノ)
オズマン
(マテウス)
ブルーノ・エンリーキ 02
ジョルジアン・デ・アラスカエータ 26
ヘネ 74
ゴール 90+2 マテウス
ウィリアン・アロン イエロー
カード
マテウス・サリス
ホドウフォ・フィレモン
サビーノ
ホジェーリオ・セニ 監督 ホドリーゴ・サンターナ
主審: ヒカルド・マルケス・ヒベイロ
会場: エスタジオ・ド・マラカナン (リオ・デ・ジャネイロ)
2020.11.21

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。