Campeonato Brasileiro Serie A 2020ブラジル全国選手権 1部 2020

後半にパウメイラスが逆転するも… マリーニョの技ありゴールでサントスが追いついて引き分け

カンピオナート・ブラジレイロ 2020 第24節 サントス 2-2 パウメイラス
▲ 62分に逆転のゴールを決めたウィリアンは両膝をついて喜びをかみしめる
12月5〜7日に各地で行われたカンピオナート・ブラジレイロの第24節。サンパウロ州の州都サントスで行われたクラシコ「サントス×パウメイラス」は、引き分けで幕を閉じた。

パウメイラスは11分にエメルソン・サントスが右足でロングシュートを打ったが、ボールは枠の外へ。対するサントスは29分に身長159cmのベネズエラ代表FWジェフェルソン・ソテルドがペナルティアークの手前で右足を振り抜いたが、シュートはわずかに浮いてクロスバーの上を通過した。30分にはマリーニョのミドルシュートがキーパーのファインセーブを誘うなど、攻撃にリズムが出てきたサントスは37分に先制。ドリブルでペナルティエリアに達したマリーニョが背後から上がってきたカイオ・ジョルジにボールを預けると、カイオ・ジョルジはグラウンダーのクロスを供給。ジエゴ・ピトゥーカが左足でゴールに押し込んで 1-0 とした。

後半、立ち上がりに何度か攻め込みながら決めきれないサントスに対し、パウメイラスは50分に得たコーナーキックの場面で疑義が生じたためVARの映像確認を行うと、ルーカス・ベリッシモにハンドがあったことが判明してPKを獲得。このPKをハファエウ・ベイガが決めて追いついた。

▲ 70分に同点ゴールを決めたマリーニョを称えようとするベネズエラ代表FWジェフェルソン・ソテルド(10番)
パウメイラスは62分、コーナーキックをゼ・ハファエウがヘディングで流すと、ファーサイドで反応したウィリアンがゴールエリアでジャンピングボレーシュートを決めて逆転に成功した。

しかしサントスはほどなくして追いつく。70分、左からのクロスに合わせようとしたマリーニョのジャンピングボレーシュートは当たり損ないになったが、ペナルティエリアの外へ出たボールをビニシウス・バレイロが蹴り戻すと、左足を高く上げてトラップしたマリーニョがヘディングでカットインして相手のマークを振り切り、左足でゴールに流し込んだ。

パウメイラスは後半のアディショナルタイムに退場者を出したが、なんとか同点で試合を終えた。

勝ち点1を分け合った両者は、それぞれ暫定5位と暫定6位につけて、リベルタドーレス出場権(4位以内)を虎視眈々と狙っている。

カンピオナート・ブラジレイロ 2020 第24節 (2020/12/05)
サントス 2-2 パウメイラス
ジョン・ビクトル GK ウェベルトン
パラ
ルーカス・ベリッシモ
ルアン・ペレス
フェリッピ・ジョナタン
(ラエルシオ)
DF マイキ
ルアン
アラン・エンペレウル
(ベンハミン・クセビッチ)
マティアス・ビニャ
アリソン
(ビニシウス・バレイロ)
ジエゴ・ピトゥーカ
ルーカス・ブラーガ
(ブルニーニョ)
MF エメルソン・サントス
ゼ・ハファエウ
ガブリエウ・ベロン
ハファエウ・ベイガ
ルーカス・リーマ
(ブレーノ・ロペス)
マリーニョ
カイオ・ジョルジ
ジェフェルソン・ソテルド
FW ウィリアン
(ガブリエウ・シウバ)
ジエゴ・ピトゥーカ 37
マリーニョ 70
ゴール 54 ハファエウ・ベイガ (PK)
62 ウィリアン
ジェフェルソン・ソテルド
ジエゴ・ピトゥーカ
ルーカス・ベリッシモ
イエロー
カード
ルーカス・リーマ
エメルソン・サントス
マイキ
レッド
カード
ゼ・ハファエウ
クッカ 監督 アベウ・フェヘイラ
主審: フラービオ・ホドリゲス・ジ・ソウザ
会場: エスタジオ・ビラ・ベウミーロ (サントス)
2020.12.05

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。