Campeonato Brasileiro Serie A 2020ブラジル全国選手権 1部 2020

自陣でのパス回しをインターセプトされて失点したボタフォゴ 本田は終了間際のフリーキックを蹴らず

カンピオナート・ブラジレイロ 2020 第24節 ボタフォゴ 0-1 フラメンゴ
▲ 54分にこの試合唯一のゴールを決めて拳を握り締めるブラジル代表MFエベルトン・ヒベイロ
12月5〜7日に各地で行われたカンピオナート・ブラジレイロの第24節。リオ・デ・ジャネイロ州の州都リオ・デ・ジャネイロで行われたクラシコ「ボタフォゴ×フラメンゴ」は、ブラジル代表MFエベルトン・ヒベイロのゴールでフラメンゴが接戦を制した。

ボタフォゴはキックオフの19秒後に速攻からペドロ・ハウーが右足を振り抜いたが、枠を捕らえたボールはキーパーが両手で弾き返した。対するフラメンゴは14分、自陣からのロングフィードを前線でトラップしたブラジル代表FWブルーノ・エンリーキがペナルティアークで右足を振り抜いたが、低く抑えたシュートはポストをかすめて枠を捕らえられず。。

ゴールが生まれたのは後半。ボタフォゴが自陣でボールを回していたところをジェルソンがペナルティエリアでインターセプトすると、ジェルソンはパスコースを探して中央にパスを出して、エベルトン・ヒベイロが左足で合わせてゴール右隅に流し込んだ。

終盤にボタフォゴは退場者を出して数的不利に陥ったが、その直後に決定機を演出すると最終ラインを突破したルーカス・カンポスをペナルティアークで掴んで倒したグスターボ・エンリーキにもレッドカードが出された。このファウルで得たフリーキックでは、ボールの近くに元コートジボワール代表FWサロモン・カルーと本田圭佑が立ったが、本田はボールを蹴らず。そしてカルーが放った直接フリーキックはキーパーに両手で弾き返されて、ボタフォゴは最後までゴールを奪えなかった。

勝ったフラメンゴは3位をキープした一方、ボタフォゴは5連敗で降格圏内に低迷している。

カンピオナート・ブラジレイロ 2020 第24節 (2020/12/05)
ボタフォゴ 0-1 フラメンゴ
ジエゴ・カバリエーリ GK ジエゴ・アウベス
マルシーニョ
(フェデリコ・バランデグイ)
マルセーロ・ベネベヌート
ハファエウ・フォルステル
ビクトル・ルイス
DF マウリシオ・イスラ
ホドリーゴ・カイオ
グスターボ・エンリーキ
フィリッピ・ルイス
ジョゼ・ウェリソン
(マテウス・バビ)
本田 圭佑
カイオ・アレシャンドレ
(ルイス・オタービオ)
ブルーノ・ナザーリオ
(ルーカス・カンポス)
フアン
(サロモン・カルー)
MF ウィリアン・アロン
ジェルソン
エベルトン・ヒベイロ
(ミシャエウ)
ジョルジアン・デ・アラスカエータ
ペドロ・ハウー FW ブルーノ・エンリーキ
(ビチーニョ)
ペドロ
(ホドリーゴ・ムニス)
ゴール 54 エベルトン・ヒベイロ
フアン イエロー
カード
エベルトン・ヒベイロ
ビクトル・ルイス レッド
カード
グスターボ・エンリーキ
エドゥアルド・バホーカ 監督 ホジェーリオ・セニ
主審: アンデルソン・ダロンコ
会場: エスタジオ・ド・エンジェニョン (リオ・デ・ジャネイロ)
2020.12.05

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。