Campeonato Brasileiro Serie A 2020ブラジル全国選手権 1部 2020

点の取り合いを制したインテルナシオナウが6連勝 首位サンパウロに勝ち点差1と迫る

カンピオナート・ブラジレイロ 2020 第30節 インテルナシオナウ 4-2 フォルタレーザ
▲ 3分に先制ゴールを決めて右手を握りしめるイウリ・アウベルト
1月16〜18日に各地で行われたカンピオナート・ブラジレイロの第30節。リオ・グランジ・ド・スウ州の州都ポルト・アレグレで行われた「インテルナシオナウ×フォルタレーザ」は、インテルナシオナウが点の取り合いを制した。

試合は、立ち上がりから複数のゴールが生まれた。まずは3分、カウンターを仕掛けたインテルナシオナウは左サイドへ流れてパスを受けたプラシェジスがクロスを上げると、イウリ・アウベルトがヘディングで合わせ、キーパーの足に当たって跳ね返ったボールがイウリ・アウベルトの左足と相手の足に当たってゴールへと転がった。

インテルナシオナウは9分に左からの間接フリーキックを、ホドリーゴ・ドウラードがヘディングでゴールに沈めて 2-0 としたが、フォルタレーザは13分にPKで1点差に詰め寄った。

インテルナシオナウは28分にビクトル・クエスタが左足で直接フリーキックを放ったが、壁を越えたボールはポストを直撃。前半は 2-1 とインテルナシオナウの1点リードで終了した。

▲ 3分に先制ゴールを決めて駆け出すイウリ・アウベルト(右)を追いかけるインテルナシオナウのイレブン
後半、フォルタレーザは55分にペナルティエリアでホマリーニョが右足のハーフボレーでゴールに沈めて、同点に追いついた。しかし追いつかれたインテルナシオナウは70分、パトリッキが左サイドでドリブルを仕掛けてペナルティエリアで二人を抜くと、中央にボールを折り返してペギロウのゴールをお膳立てし、勝ち越しに成功した。

さらに76分にカウンターで攻め込んだインテルナシオナウは、左サイドを上がって放ったプラシェジスのシュートをキーパーが両手で弾くと、ゴールエリアまで下がったカルリーニョスの右太ももにボールが当たってゴールへと転がった。点の取り合いの最後は、オウンゴールだった。

この結果、勝ったインテルナシオナウは6連勝で勝ち点を56に伸ばした。首位サンパウロとの勝ち点差は1に縮まり、ここからはサンパウロとの熾烈な優勝争いが始まるのか。

カンピオナート・ブラジレイロ 2020 第30節 (2021/01/17)
インテルナシオナウ 4-2 フォルタレーザ
マルセーロ・ロンバ GK フェリッピ・アウベス
ホジネイ
ルーカス・ヒベイロ
ビクトル・クエスタ
モイゼス
DF チンガ
(イウリ・セーザル)
パウロン
ワンデルソン
カルリーニョス
ホドリーゴ・ドウラード
(ジョニー)
エデニウソン
プラシェジス
(ホドリーゴ・リンドーゾ)
カイオ
(ペギロウ)
パトリッキ
(マウリシオ)
MF フェリッピ
(ホナウジ)
ジュニーニョ
ホマリーニョ
オズバウド
(ガブリエウ・ジアス)
イウリ・アウベルト
(アベル・エルナンデス)
FW デイビッジ
(ベルジソン)
ウェウリントン・パウリスタ
(マリアーノ・バスケス)
イウリ・アウベルト 03
ホドリーゴ・ドウラード 09
ペギロウ 70
(オウンゴール) カルリーニョス 76
ゴール 13 ウェウリントン・パウリスタ (PK)
55 ホマリーニョ
イエロー
カード
チンガ
パウロン
ワンデルソン
アベウ・ブラーガ 監督 エンデルソン・モレイラ
主審: ホドリーゴ・ダロンソ・フェヘイラ
会場: エスタジオ・ベイラ・リオ (ポルト・アレグレ)
2021.01.17

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。