Football Newsその他のニュース

ついにメキシコも中断・延期を決定 ブラジルは全国大会を延期するも州選手権は各州の判断に

新型コロナウイルスの感染拡大による中南米サッカー界の動向
▲ 3月14日にチリで行われた「コブレサル vs ウニベルシダー・カトリカ」の試合。スタンドには観客がまばらに座っていることが確認できる
感染拡大中の新型コロナウイルスへの対策として、無観客試合や中断・延期の措置を執っている中南米各国の国内リーグのうち、ブラジルとメキシコが全国規模の公式戦を無期限で中断・延期する意向を発表した。

ブラジルでは、CBF(ブラジルサッカー連盟)が15日に、全国規模のカンピオナート・ブラジレイロ(略称:ブラジレイロン)の開催延期を決定。この措置は、男女問わずすべてのカテゴリーに適用される。そのほか、すでに開催されているコパ・ド・ブラジウ(ブラジルの国内カップ戦)も中断・延期が決まった。各クラブのチームドクターが声を挙げていたほか、国の保健省からの勧告も、今回の決定を後押しした。

ただし、ブラジルの各州選手権はCBFの管轄でないため、それぞれの州のサッカー連盟が独自に運営判断を下している。サンパウロ州やリオ・デ・ジャネイロ州では15日現在で、次節以降の開催について協議中とのことで、後日にも中断・延期の判断が下る可能性もある。

一方、メキシコでは段階的な措置を重ねて、ついに16日の朝に国内リーグの全試合を中断・延期する決断に至った。1部と2部の全試合が対象。メキシコでは14日に、グアダラハラで開催予定だったCONCACAF主催の東京オリンピック北中米予選の中止・延期と発表したばかりだが、リーガMX(国内リーグ)は13日には通常通り観客ありきで開催していた。ところが、14〜15日の全試合はスタンドを無観客にして開催する措置を執った。そして翌16日に、リーグの中断と延期に至った。

さらには、一部の試合で観客ありきの試合をしていたチリでも、3月19日からの1ヶ月間は全試合を無観客で開催すると表明した。

この結果、CONMEBOL(南米サッカー連盟)加盟10カ国のうち、国内リーグを止めていない国はチリとボリビア、そしてブラジルの各州選手権だけになった。なお、コロナウイルスの影響が小さい常夏のブラジル北部の州(一部)では、観客を動員して通常通りの試合を開催している。

▼ 南米各国の対応まとめ (※3月16日現在)
対応 備考
アルゼンチン 国内カップ戦を無観客試合で開催 クラブチーム単位で活動停止なども
ボリビア 国内リーグを無観客試合で継続 後日、中断・延期となる可能性あり
ブラジル 国内リーグを無観客試合で継続 気温が高い北部の州選手権は通常通りの開催
全国規模のブラジレイロンは中断・延期
チリ 国内リーグを無観客試合で継続 ユースカテゴリーは中断・延期
コロンビア 国内のリーグ戦とカップ戦を中断・延期
エクアドル 国内のリーグ戦とカップ戦を中断・延期 パンデミックの収束まで無期限
パラグアイ 国内リーグを中断・延期 中断期間は約15日間
ペルー 国内のリーグ戦とカップ戦を中断・延期
ウルグアイ 国内リーグを中断・延期 パンデミックの収束まで無期限
ベネズエラ すべてのカテゴリーのリーグを中断・延期 パンデミックの収束まで無期限
▼ 中米各国(一部)の対応まとめ (※3月16日現在)
対応 備考
メキシコ 国内リーグを中断・延期 パンデミックの収束まで無期限
グアテマラ 国内リーグを通常通り継続 スタジアムの入場口に体温検出器を設置
ホンジュラス 国内リーグを無観客試合で継続 適用期間は約2週間
コスタリカ 国内リーグを無観客試合で継続 適用期間は約2週間
エルサルバドル 国内リーグを条件付きで継続 観客数の上限を400人に制限
パナマ 国内リーグを中断・延期 パンデミックの収束まで無期限
2020.03.15

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。