Campeonato Paulista サンパウロ州選手権

2試合合計 1-1 でPK戦へ 7人が決めたイトゥアーノが12年ぶりの優勝

サンパウロ州選手権 決勝 2nd.Leg サントス 1-0 (PK:6-7) イトゥアーノ
▲ 前半のアディショナルタイムにPKを決めたシッセロ
4月13日に行われたサンパウロ州選手権の決勝 2nd.Leg。州都サンパウロで行われた「サントス×イトゥアーノ」は、シッセロのゴールでサントスが勝利を収めた。この結果2試合合計 1-1 でPK戦に突入し、タイトルを獲得したのはイトゥアーノだった。

試合は10分に発生したラフプレイで両軍の選手が入り乱れる小競り合いが勃発。早い時間帯にイエローカードが出され、パカエンブーは一時不穏な空気に包まれた。
勝たなければならないサントスは序盤から前がかりに攻めて、32分にはシッセロがフリーキックで直接ゴールを狙うと、34分には右からのクロスをレアンドロ・ダミアンがヘディングシュート。しかしいずれもGKバギネルの好守に阻まれて、サントスはなかなか先制点を奪えずにいた。

▲ ネトのPKを止めてイトゥアーノに優勝をもたらしたGKバギネルは、ボールを抱えて指を天にかざし喜びを噛みしめた
スコアボードが動いたのは前半のアディショナルタイムだった。45分、シッセロがペナルティエリアでファウルを受けて転倒すると、主審はサントスにPKを与えた。このPKをシッセロが自ら左足でゴール右隅に決めて、サントスが2試合合計スコアをタイに戻した。

後半はイトゥアーノも反撃に転じたが、両者ともにゴールネットを揺らせず試合は 1-0 で終了。2試合合計 1-1 となったため、PK戦によって白黒をつけることとなった。

先攻のイトゥアーノは2人目のアンデルソン・サリスを除いて7人がPKを決めたのに対し、後攻のサントスは4人目ヒウドのシュートがゴールポストを直撃して、8人目ネトのシュートはGKバギネルに止められて試合終了。イトゥアーノは2002年以来、12年ぶりの州選手権優勝となった。

サンパウロ州選手権 2014 決勝 2nd.Leg (2014/04/13)
サントス 1-0
PK
6-7
イトゥアーノ
アラーニャ GK バギネル
シシーニョ
ネト
デイビッジ・ブラス
メーナ
DF ジッキ
アレモン
アンデルソン・サリス
デーネル
アリソン
アロウカ
シッセロ
MF ジョーザ
ジャキソン・カウカイア
パウリーニョ
(マルシーニョ)
クリスチャン
(マルセリーニョ)
エスケルジーニャ
ジェウバーニオ
(アラン・サントス)
レアンドロ・ダミアン
(ガブリエウ)
チアゴ・ヒベイロ
(ヒウド)
FW ハファエウ・シウバ
(ジェアン・カルロス)
(PK) シッセロ 45 ゴール
シッセロ ○
アラン・サントス ○
デイビッジ・ブラス ○
ヒウド ×
ガブリエウ ○
アロウカ ○
アリソン ○
ネト ×
PK ○ ジャクソン・カウカイア
× アンデルソン・サリス
○ マルセリーニョ
○ エスケルジーニャ
○ マルシーニョ
○ ジェアン・カルロス
○ デーネル
○ ジョーザ
ブラジミール
デイビッジ・ブラス
アロウカ
イエロー
カード
ハファエウ・シウバ
エスケルジーニャ
クリスチャン
シシーニョ レッド
カード
オズワウド・ジ・オリベイラ 監督 ドリーバ
主審: ハファエウ・クラウス
会場: エスタジオ・ド・パカエンブー (サンパウロ)
2014.04.13

★カンピオナート・パウリスタの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。