Primera Division de Argentina アルゼンチン1部リーグ

サランディの豪雨 首位リーベル・プレートの試合が雨天順延に

アルゼンチンリーグの第7節「アルセナル vs リーベル・プレート」は豪雨による順延が決定
▲ ブエノスアイレス州のサランディにあるアルセナルの本拠地エスタディオ・フリオ・グロンドーナ。終日降り注いだ豪雨により順延となった
9月12〜15日に行われたアルゼンチン1部リーグの第7節。サランディで行われる予定だった「アルセナル×リーベル・プレート」は、豪雨によるピッチ不良を理由に順延されることとなった。

アルゼンチンの首都ブエノスアイレス一帯を覆った雨雲は14日、各地に豪雨をもたらした。中心部の都市部のみならず、ブエノスアイレス州のサランディにも大量の雨が降り注いだ。この試合より前にキックオフの笛が吹かれた「ボカ・ジュニオルス vs ラシン・クルブ」は豪雨の中前半を消化することはできたが、後半途中にピッチコンディションの悪化を理由に主審が試合中止を決断していた。

ボカの中断を受けて、サランディのエスタディオ・フリオ・グロンドーナでもスタッフによるピッチ調査がなされた。歩くスニーカーはピッチを踏みしめるたびに水しぶきを上げるほどに多量の水分を含んでおり、降りしきる横殴りの雨も一向に止む気配がない。以上を受けて、主審のダリオ・エレーラ氏は試合開始前に「雨天順延」を発表した。

雨の降り方やピッチの状態はラ・ボンボネーラと似たり寄ったりで、エレーラ氏は「ボカvsラシンの試合が中断されたことも、順延を決断した理由のひとつ。私を含めて審判団も、そして両チームともに試合をする準備はできていたが、これだけ雨が降ってピッチが悪化すればまともな試合をするのは難しいだろう」と説明している。

このカードがいつ行われるかは公式に発表されていないが、9月24日または25日に組まれる可能性が高いとのこと。

アルゼンチン1部リーグ 2014 第7節 (2014/09/14)
アルセナル 順延 リーベル・プレート
主審: ダリオ・エレーラ
会場: エスタディオ・フリオ・グロンドーナ (サランディ)
2014.09.14

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。