Copa do Brasil 2015 コパ・ド・ブラジウ 2015

元大宮アルディージャのハファエウ・マルケスが打点の高いヘディングを決めて追いつく

コパ・ド・ブラジウ 準々決勝 1st.Leg インテルナシオナウ 1-1 パウメイラス
▲ 53分に左足でミドルシュートを決めたアレックス
9月23〜24日に行われたコパ・ド・ブラジウの準々決勝 1st.Leg 。リオ・グランジ・ド・スウ州の州都ポルト・アレグレで行われた「インテルナシオナウ×パウメイラス」は、かつて大宮アルディージャで活躍したハファエウ・マルケスのゴールでパウメイラスが追いつき、敵地で引き分けに持ち込んだ。

試合は序盤から一進一退の攻防が繰り広げられ、互いに決定機を連発。インテルナシオナウは16分にアレックスが右足でシュートを放ったが、キーパーの右腕に当たったボールは大きくバウンドしてクロスバーの上を通過。対するパウメイラスは26分にカウンターから相手ゴールを脅かすと、その1分後にはペナルティエリアでボールをクリアしようとしたエルナンドの右足がドゥドゥを蹴った形になってしまい、主審はパウメイラスのPKを指示した。ところがキッカーを務めたルーカス・バリオスのPKはキーパーがコースを読み切って弾き返し、パウメイラスは先制の絶好機を逸することとなった。

均衡が破れたのは、エンドの替わった後半。53分、中盤でボールを持ったアレックスがペナルティエリアの絵前で左足を振り抜くと、ボールはキーパーの左手をかすめてゴール左隅に吸い込まれ、インテルナシオナウが先制した。

▲ 72分に打点の高いヘディングシュートを決めた元大宮アルディージャのFWハファエウ・マルケス(左)
前半にPKを決められず失点を喫したパウメイラスは、72分に追いついた。左に開いたガブリエウ・ジェズスのクロスはファーサイドへ流れたが、これを拾ったルーカスがゴール前にクロスを上げると、ハファエウ・マルケスが打点の高いヘディングシュートを決めて 1-1 とした。

パウメイラスには逆転のチャンスがあった。76分に右からのクロスがゴール前でフリーになったドゥドゥの足元へ渡ると、ドゥドゥは飛び出したキーパーをフェイントで振り切った直後に転倒。しかし主審はドゥドゥが自らつまづいて倒れたとして、PKをとらず。実際スローVTRには、キーパーと接触していないドゥドゥが自ら転倒したシーンが映されていた。

コパ・ド・ブラジウ 2015 準々決勝 1st.Leg (2015/09/23)
インテルナシオナウ 1-1 パウメイラス
アリソン・ベッケル GK フェルナンド・プラス
ウィリアン
パウロン
ヘーベル
エルナンド
(アルトゥール)
DF ルーカス
ジャキソン
ビットル・ウーゴ
エジージオ
ニウトン
ウェウリントン
(ブルーノ・バイオ)
ホドリーゴ・ドウラード
(シウバ)
アレックス
バウジービア
MF アマラウ
アロウカ
(ハファエウ・マルケス)
ホビーニョ
ドゥドゥ
ガブリエウ・ジェズス
(アグスティン・アリオーネ)
ビチーニョ FW ルーカス・バリオス
(ジョナタン・クリスタルド)
アレックス 53 ゴール 72 ハファエウ・マルケス
ウェウリントン
ビチーニョ
シウバ
イエロー
カード
アルジェウ・フックス 監督 マルセーロ・オリベイラ
主審: サンドロ・メイラ・ヒッチ
会場: エスタジオ・ベイラ・リオ (ポルト・アレグレ)
2015.09.23

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。