Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

無得点で負けたグレミオは4位に後退 少ないチャンスをものにしたクルゼイロが3位に浮上

カンピオナート・ブラジレイロ 2017 第27節 グレミオ 0-1 クルゼイロ
▲ 68分に値千金のゴールを決めて駆け出す元ブラジル代表FWハファエウ・ソービス(上)
10月11〜12日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ 2017 の第27節。リオ・グランジ・ド・スウ州の州都ポルト・アレグレで行われた「グレミオ×クルゼイロ」は、元ブラジル代表FWハファエウ・ソービスのゴールで先制したクルゼイロが接戦を制した。

グレミオは13分にフェルナンジーニョがペナルティエリアで右足を振り抜くも、シュートはクロスバーの上を通過。28分にはゴール前で競り合ったボールを最後はパラグアイ代表FWルーカス・バリオスがゴールに流し込んだが、オフサイドの判定に泣かされた。前半はグレミオが主導権を握っていたが、両者無得点でハーフタイムを迎えた。

エンドの替わった後半は、クルゼイロも攻撃の手を強める。一方クルゼイロは55分にミチャエル・アロージョがシュートを放つと、67分には右からのクロスに対してファーサイドから飛び込んだエベルトンが左足でジャンピングボレーシュートを放ったが、角度のないところから狙ったシュートはファーサイドのゴールポストをかすめて流れてしまった。

するとピンチをしのいで耐えていたクルゼイロは、68分に先制。カウンターで左サイドを上がったチアゴ・ネービスがスルーパスを出すと、最終ラインの裏でボールをトラップしたハファエウ・ソービスが右足でゴールに流し込んだ。

追いかけるグレミオはその後4トップに変更したが、効果はなく。クルゼイロは終盤になると守備固めに入って、勝ち点3を獲得した。

敗れたグレミオは4位に後退したのに対し、クルゼイロは連勝で3位に浮上している。

カンピオナート・ブラジレイロ 2017 第27節 (2017/10/11)
グレミオ 0-1 クルゼイロ
マルセーロ・グローイ GK ハファエウ
エジウソン
ペドロ・ジェロメウ
ワルテル・カンネマン
マルセーロ・オリベイラ
DF エゼキエウ
ジゴン
マノエウ
ジオゴ・バルボーザ
ジャイウソン
アルトゥール
(ベト・ダ・シウバ)
ジェアン・ピエーリ
(パトリッキ)
MF エンリーキ
ウジソン
(ルーカス・ロメーロ)
ハフィーニャ
アリソン
(ハファエウ・マルケス)
チアゴ・ネービス
ミチャエル・アロージョ
(エベルトン)
ルーカス・バリオス
フェルナンジーニョ
FW ハファエウ・ソービス
(エウベル)
ゴール 68 ハファエウ・ソービス
ヘナット・ガウーショ 監督 マノ・メネーゼス
主審: ホドリーゴ・バチスタ・ハポーゾ
会場: アレーナ・ド・グレミオ (ポルト・アレグレ)
2017.10.11

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。