Campeonato Carioca カンピオナート・カリオカ

1ヵ月で4戦する対決の3戦目もまた2-3で決着 “ピカチュウ”の2ゴールなどでバスコが先勝

カンピオナート・カリオカ 2018 決勝 1st.Leg ボタフォゴ 2-3 バスコ・ダ・ガマ
▲ この試合で2ゴールを立て続けに決めて喜ぶイアゴ・ピカシュウ(中央)
4月1日に行われたカンピオナート・カリオカの決勝 1st.Leg。リオ・デ・ジャネイロ州の州都リオ・デ・ジャネイロで行われたクラシコ「ボタフォゴ×バスコ・ダ・ガマ」は、バスコが点の取り合いを制して先勝した。

直近1ヵ月で3度目の試合になったこの対決は、開始早々にボタフォゴが先制。3分、パウロンに対してプレッシャーをかけたヘナチーニョがインターセプトに成功すると、浮いたボールを右足ボレーでゴールに沈めた。

互いに多くのチャンスを作った前半は、バスコが逆転に成功。まずは28分、ワギネルが左サイドからクロスを上げると、イアゴ・ピカシュウがペナルティエリアへ走り込みながら右足ボレーでゴールネットを揺らし 1-1 。さらに“ピカチュウ”はその2分後にもペナルティエリアの左側をドリブルで崩したドゥビエル・リアスコスのパスをゴールに押し込んで、逆転の立役者になった。

だが逆転されたボタフォゴは、ハーフタイムを迎える前にスコアをタイに戻した。44分、右サイドからルイス・フェルナンドが折り返したクロスを、ブレーネルがヘディングでゴールに押し込み 2-2 で前半を終えた。

▲ 後半のアディショナルタイムに貴重な決勝点を挙げたアンドレス・リオス(22番)はピッチサイドへ駆け出す
一進一退の攻防は後半も続き、バスコは75分にチアゴ・ガリャルドが右サイドを崩してビッグチャンスを演出。だが、キーパーを引きつけて出したラストパスに合わせたアンドレス・リオスのシュートは、カバーに戻ったマルシーニョにヘディングでクリアされた。対するボタフォゴは83分に左サイドからのクロスにジョエウ・カルリが頭で合わせると、最後はキエーザがゴールネットを揺らす。だが、カルリのヘディングの瞬間にキエーザがオフサイドだったため、ノーゴールとなった。

2-2 のまま、試合は後半のアディショナルタイムに突入。引き分けの様相も色濃くなった93分にコーナーキックを得たバスコは、待望の3点目を得た。コーナーキックに合わせたウェウリントンのヘディングが流れたところに、アンドレス・リオスがジャンピングボレーシュートで合わせると、ボールはジャストミートしなかったもののバウンドしてゴールネットを揺らした。

1ヵ月以内に3試合を消化した両者の対決は、偶然にもすべて 2-3 のスコアで決着。次の 2nd.Leg でも同じスコアになれば珍記録樹立となるが、果たして。

カンピオナート・カリオカ 2018 決勝 1st.Leg (2018/04/01)
ボタフォゴ 2-3 バスコ・ダ・ガマ
ガティート・フェルナンデス GK マルティン・シルバ
マルシーニョ
ジョエウ・カルリ
イゴール・ハベーロ
モイゼス
DF ハファエウ・ガリャルド
パウロン
フリクソン・エラーソ
ファブリッシオ
マルセーロ
ホドリーゴ・リンドーゾ
ヘナチーニョ
(マルコス・ビニシウス)
ルイス・フェルナンド
レオナルド・バレンシア
(ホドリーゴ・ピンポン)
MF レアンドロ・デサバト
ウェウリントン
イアゴ・ピカシュウ
ジオバンニ・アウグスト
(パウリーニョ)
ワギネル
(チアゴ・ガリャルド)
ブレーネル
(キエーザ)
FW ドゥビエル・リアスコス
(アンドレス・リオス)
ヘナチーニョ 03
ブレーネル 44
ゴール 28 イアゴ・ピカシュウ
30 イアゴ・ピカシュウ
90+3 アンドレス・リオス
ホドリーゴ・リンドーゾ
ヘナチーニョ
ジョエウ・カルリ
イエロー
カード
ハファエウ・ガリャルド
ファブリッシオ
ウェウリントン
アンドレス・リオス
アウベルト・バレンチン 監督 ゼ・ヒカルド
主審: ホドリーゴ・カルバリャイス・ジ・ミランダ
会場: エスタジオ・ド・エンジェニョン (リオ・デ・ジャネイロ)
2018.04.01

★カンピオナート・パウリスタの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。